ハグの仕方で分かることは?ハグの種類と効果を知っておこう!

couple-1030744_960_720

相手への愛情を示す行動には、さまざま種類があります。その中で“笑顔”はその第1歩目です。そこから相手を思いやる言葉を交わして関係を深めていきます。

初対面から顔見知りまではここまでの範囲に留まりますが、さらに関係が深まると「スキンシップ」がコミュニケーションの中に入ってきます。異性の場合であれば、恋愛感情を示す2段階目は「手を繋ぐ」や「キス」になり、やがては「ハグ」に至ります。

このように、恋愛で用いられることが多いと思われがちな「ハグ」ですが、恋愛感情がなくても、初対面であってもハグをするケースがあります。そして、そのハグには「関係を一気に深める力」があります。今日は「ハグの仕方」についてお話していきます。

スポンサーリンク

「ハグ」って何?

friendship-2156171_960_720

相手を抱きしめる行動を「ハグ」といいます。

「恋人同士」のハグがあれば、親子のハグや友だちのハグもあります。ハグは「愛情表現」であり「私たちはハグをする仲である」というのは、それ相当の親密さを物語ります。

 「ハグ」がもたらす心理効果

幼い子どもは、親に「抱っこ」をせがみます。「抱きしめてもらうことで安心したい」というスキンシップを求める欲求です。親しい人同士のハグには「安心感を求める・与える」効果があります。

初対面の人同士がハグをする場合は、これとは少し違います。政治の世界で諸外国の首脳との会談シーンに「ハグ」があるように、外国人は挨拶を兼ねてハグをします。日本人にはまだ馴染みが薄く、異文化ともいえるコミュニケーション方法です。外国に行ったときに相手からされる「挨拶のハグ」に面食らう人もまだまだいるようです。

スポンサーリンク

恋の「ハグ」はこんな素敵なパワーを持っている!

affection-1853532_960_720

恋愛感情を持っている相手とのハグからは、強い幸福感が得られます。

片思い状態でまだお付き合いをしていない人からハグをされたら、一気に距離感が近いものに変わります。

恋愛がもたらすもの、それは「幸福感」

恋愛で得られるもの、それは「幸福感」です。好きな人から「ハグ」をされたら、どうしてそんなに「幸福感」が得られるのでしょうか。

実は、これには体の中に秘密があります。「ハグ」というスキンシップ・ボディタッチによって脳内にあるさまざまな物質が活発化しはじめます。人間の体にあるホルモンは複数種あり、それぞれが重要な役割を担っています。

「ハグ」によって活発化される“脳内物質”

ハグをされると「幸福感」を覚えるのには、きちんとした根拠があります。ハグされたときに分泌されるホルモンをご紹介します。

セロトニン

セロトニンが欠乏することで「うつ病」を発症する可能性が高まるといわれています。このセロトニンが多く分泌されることで人は「安心感」を得ることが出来るのです。

ドーパーミン

神経伝達物質のひとつで、これが分泌されることでホルモンの調節が行われます。「心地よい感情」、「意欲の向上」といった効果がもたらされます。

βエンドルフィン

ハグやキス・性行為など「肌への接触」で分泌されるホルモンです。「脳内麻薬」や「快楽物質」などと呼ばれています。

オキシトシン

「幸福感」「安心感」「信頼感」などを感じさせてくれる脳内物質です。「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」とも呼ばれ、ストレスを和らげて幸せな気分をもたらしてくれます。

いかがでしょうか?これは、巷で流れている噂の類ではありません。これらの”脳内物質”は不足すると不安障害やパニック障害などの原因になるため、これらを補うための治療の研究が日々進んでいます。

恋愛をすると人が幸せに感じられるのには「幸せホルモンが活発化する」というきちんとした根拠があるのです。ハグに隠されているたくさんの素晴らしい秘密がおわかりいただけましたでしょうか?こんなに素晴らしい効果があるのなら、生活の中に「ハグ」を取り入れないわけにはいかないですよね。

スポンサーリンク

「ハグ」はたくさんの種類がある!

affection-1854081_960_720

「ハグ」といっても、真正面から相手を強く抱きしめる方法だけではありません。相手への愛情の度合いや、相手との関係によってハグの方法が変わります。

「ハグのされ方」で相手の気持ちが分かる

ハグの仕方が変われば、その行為自体の意味も変わります。ハグをされたから「愛されている」と早合点してはいけないシーンもあるようです。どこまでのハグで、どの位置に触れられたかで、相手の心を読むことが出来ます。

片思いをしている女性にハグをする場合、急に密度の高いハグをしてしまえば「体目当て」と警戒されかねません。その反対のケースでは、ベッドを共にしている恋人同士なのに雰囲気に欠けるようなハグをすれば、相手は欲求不満を抱きます。

片思いの女性にはそれなりの「ドキドキ感」や「期待感」を与えるハグを、恋人の女性には「キュン」とくるようなハグが出来るようになりたいですね。それでは、「ハグの種類」を知ってそれぞれのポイントを押さえていきましょう。

「守ってあげたい」後ろからハグ

このスタイルは、もっとも女性が憧れる「ハグの仕方」ではないでしょうか。

背中は体の多くを占める部位なのに、自分で守ることが出来ません。その背中を包み込んでもらう「バックハグ」は、“守られている”という感覚が得られます。歌詞でも「その背中を抱きしめてあげたい」というような内容も多いですよね。

このことから分かるように、「守りたい」というサインを送るハグなのです。これは女子にとってはたまらない「愛されている」と感じられるハグです。

「私はあなたが大好き!」女性が男性の首に腕を回すハグ

女性が相手の首に腕を回し、男性が女性の腰に手を回して抱き合うハグスタイルです。身長差があるカップルの場合、女性が背伸びをすることになります。

このハグは「付き合いたて」などの新鮮な気持ちが現れる「爽やかな雰囲気」のハグです。このスタイルならハグをしたまま、言葉を交わしたりキスをしたりすることが出来ますし、相手の顔や目を見つめることも出来ます。「ずっと離れたくない」という気持ちのハグです。

「よろしくね!」友情?の肩寄せハグ

男女を問わず、友達同士のお付き合いで、「ありがとう!」とか「これからもよろしく!」なんて言いたいときに用いられるハグです。隣同士に座った人に対して、友情を感じて「肩寄せハグ」をする人もいますので、あまり恋愛感情を期待することはできないでしょう。

恋愛関係のカップルでも、この「肩寄せハグ」をすることがありますが、恋愛的な感情を交わすときに用いられていません。悩み事の相談している時など「大丈夫だよ」と相手を安心させるときなどに見られるハグです。

タイミングやシチュエーションに凝れば、雰囲気のあるハグにもなります。しかし、もっとこの女性と近づきたい!と思うなら、真正面からハグすることをおすすめします。

言葉はいらない・・・見つめ合うハグ

見つめ合うために、相手を抱き寄せることがあります。お互いの肩に手を置き合うなど、ハグのスタイルはさまざまですが、相手の目を見て信頼関係を強調させる目的があります。

デートの帰り道「また次会えるよね?」なんて気持ちを確かめるときにも、このようなハグをします。親が子に「愛しているよ、信じているよ」と伝える場合にも見られます。

「感情高ぶる!」密着ハグ

顔を相手の肩や顔に強く押し当てて、二人の間には何者も入れないほど密着度が高いハグ。このタイプのハグは、相手への強い気持ちを現しています。

とにかく離れたくない、誰にも邪魔されたくないほど相手を愛しています。恋愛においては「誰にも渡さない」という強い執着心が含まれています。

恋愛関係に限らず、遠くに行ってしまう人に今生の別れを惜しむ場合にもこのようなハグをします。もしくは、とてつもなく悲しい思いをしている人を「どうにかして慰めたい!」という時や、かなりの苦労をして大きなことを成し遂げた人に「よく頑張った!」という労いの気持ちを表すときも、このような「感極まったハグ」をします。

「信頼しているよ!」文化的ハグ

外国人が行う、挨拶のハグで見られます。片方が抱きつき、お互いが背中に手を当てるハグのスタイルです。自分の弱点である背中に触れさせ「あなたを信頼していますよ」というサインを送りあうハグです。

首脳たちの会談シーンを見ていると、顔を合わせたときは「握手よりもハグ」をしていますよね。首脳たちがお互いに歩み寄っていき、その距離が近づくと両手を広げ笑顔を見せます。そして正面からハグをして、背中をポンポンとしたり撫でたりしています。

ビジネスライクな握手よりも強い親密さを現すハグで、「腹を割って話そうじゃないか」という(建前上ではありますが)気持ちを示しているのです。

「勘違いしないでね♪」腰が引けているハグ

上半身を近づけるだけで、下半身はしっかりと距離をとっている「ポージングのハグ」です。一定の距離をとりたい相手とは、下半身の密着なんて出来ませんよね。冷め切ったカップルが、その場のノリで周りの人から「仲が良い証拠を見せてよ~」なんて言われたときなどにする「仕方がなく行うハグ」とも言えるでしょう。

つまり、勇気をだして片思いの女性をハグした場合、「やめて!!」と激しく拒否されなくても、このように「腰が引けている」対応をされたら、「脈なし」の可能性が高いということになります。でも、自分への気持ちを確かめるためのハグ・・・は絶対にやめておきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

couple-802058_960_720

いろんな「ハグ」の仕方をご紹介しました。これまでの記事でも「頭ポンポン」や「ボディタッチ」など、行動に隠された心理のご紹介をしましたが、「行動=恋愛感情」にはならないケースが多く、人間の行動心理はとても複雑であると分かりました。

ボディタッチや頭ポンポン、そしてハグ。これらの行為は「恋愛感情が確実にある!」とは言い切れず「自分に気があるのかな?気のせいかな?」と「された側」を悩ませる行為です。なぜ「された側」が延々と悩まなくてはならないのでしょうか?それには「明確な言葉が添えられていない」ことが原因と考えられます。

「ハグという行動から気持ちを察して下さい」と解釈すべきか、それとも「ハグはしたけど”好きだ”とは言ってないからね」と逃げているのか、憶測は両極端に分かれます。その人ともっと親しくなりたい!と思うなら、きちんと言葉も使って「2倍速」で距離を縮めてみてはいかがでしょうか。

関連記事として

ハグの効果が凄い!ベストなタイミングやハグの種類を知ろう!

一緒に寝るだけの関係の「ソフレ」って?メリット・デメリットを知ろう!その心理や本音は?

これらの記事も読んでおきましょう。