友達の作り方ってある?絆の深め方や実践方法を知っておこう!

人生って本当に様々な出会いがありますよね。生まれた瞬間からは家族との出会い、幼稚園や小学校などの社会からは友達などいろいろな関係の人間関係を経て、私たちは生きています。幼いときには気づかなくとも周りに友達がいて、よく遊んでいましたよね。

そんな友達の存在も大人になるにつれて変形しがちですよね。そこで気付くのが、「あれ?自分って友達がいない?!」という現実。どこで友達がいない状況に陥ってしまったのでしょうか?また友達との関係の変化も含めてまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそも「友達」って?

一言で「友達」と言ってもいろんな関係がありますよね。幼少期から高校時代までの青春時代の友達は主に遊び仲間のような雰囲気だったかと思います。

それでは、大きくなった大人にとっての「友達」とはどのような存在でそのように関係を結んでいるのでしょうか?詳しく紐解いていきましょう!

昔からの「友達」

生まれ育った故郷の土地である「地元」。自身の成長過程を語る上でとても重要な場所のひとつですよね。多くの人は実家や昔ながらの友達もそのままの環境であることから最も愛着のある場所のひとつだと思います。

地元に帰るとなんだか安心して、大きく成長した大人になっても昔にタイムスリップしたかのような気分になれる、自分自身が素になれる場所のひとつでもありますよね。そんな地元の友達はやはり、昔からの自分を知っているので包み隠さずな関係なんだとか。確かに、幼馴染や共通の思い出がたくさんあるのも地元の友達ですよね。

青春を分かち合った「友達」

地元などの生まれ育った環境は違うけれど、同じ時代や時期を一緒に過ごした学生時代などの「友達」。一生に少ししかない学生時代を分かち合えるともあって絆も深く、今後の長い人生においても友達のまま関係を続けられる場合が多いんだとか。

学生時代の思い出ってなんだか歳を重ねるごとに美しい思い出になりがちですよね。そんな思い出話に一緒になって華を咲かせることができるのも関係の深さの理由なんだとか。たとえ歳をとっても青春のときのような甘酸っぱい話をし合える仲って本当にいいですよね。

同級生からの友達

大学や社会など、今までの環境とは違う少し開けた社会にでてみると本当に様々な人がいることに気付かされますよね。今までは気にしなかったことや、新たな視点なども出てきて人生が変わったなんて声もよく聞きます。

そんな広い社会の中では同級生居といった共通点からも友達になるんだとか。確かに、自分自身との共通点がより多い人との方が親近感が刺激され、お互いに親しくなる可能性も高くなりますよね。そんな意外なところからも「友達」になり得るんです。

スポンサーリンク

どこからが「友達」なの?

意外と線引きが難しいとされる「友達」。昔なら遊んだり、クラスの友達だったりと身近な関係であることが多かったですよね。

大人になった今、「どこからが友達なのだろうか?」と思ったことはありませんか?実際に聞くことのできた声をまとめてみました!

同僚=友達ではない?!

小学校のときの友達って、同じ学年や同じクラスであれば友達でしたよね。休み時間などにドッジボールを一緒にしたりと自然な流れでの友達だったと思います。これは環境の中での流れによる友達ですよね。

大人になった今、会社に勤める同僚は数多くいます。そんな膨大な人数すべての方を友達とはなかなか言えませんよね。では、どういった友達なのか尋ねてみたところ一番多かった回答は「呑み友達」といった声。または飲み仲間とも言われますが、遊ぶから呑みと大人な関係へ移行したことが見られますよね。お互いの話しを向かい合ってできることからも友達と感じるようです。

宣言しないからあやふやに?!

昔って「友達になろう」と言って友達になれたケースもありますよね。なんだか告白みたいなワンシーンですが、小さいからこそ言えたドラマさながらなセリフでもあります。しかし、大人になって面と向かって「友達になろう」なんて逆に変な人と思われてしまうことも。

昔は一度遊べば友達だったかもしれませんが、今は何度か顔を合わせ、自分自身の考え方やライフスタイルなどからも付き合いを改め、友達という絆が生まれるんだとか。少し複雑になったかもしれませんが、そうすることで快適な友達との心からの付き合いにも発展するんだそうです。

絆を深めることが大切

昔のように無邪気な人ばかりではなくなってしまったのが大人の世界ですよね。良くも悪くも知恵がつき、関係を考えてしまうこともありますよね。

友達になりたい、今後も仲良くしていきたいという気持ちがあるのならば、相手のことを思いやり、尊重することが大切なんです。そうした絆を深めることでお互いの存在が大切になり、仕事付き合いの関係であった人でも友達のようにフランクな関係を築くことができるんだそう。

スポンサーリンク

「友達」ってどうやってできるの?

小さい時には困らなかった「友達」。それがいつしか大人になると時間も限られ、やはり友達作りに一度は悩ませられるモノですよね。「気付けば友達になっている」という関係が理想的ですが、なかなかそうはいかないのも現実です。積極的にアピールやアプローチも大切なんだとか。

それでは、実際にはどのようにして「友達」に恵まれるのでしょうか?友達が多い方たちにリアルな意見をきいてみました。

コミュニケーションをはかる

人間にとって最も必要な能力のひとつでもあるコミュニケーション。友達との間にはもちろん、友達になるまでの関係にも欠かせないんだとか。コミュニケーションを上手くはかることによって、お互いの考えや人生観などを察することができ、同調できるようであれば深い関係になることができ、友達になれるんです。

確かに、いかにも心を開いていない対応や終始つまらなさそうな人との付き合いってストレスになることもありますよね。そんなストレスをお互いが感じないことこそが友達になれる第一歩なんだそうです。最初はうまくいかなくてもあなたの一生懸命さが伝わるだけでもOKですよ。

積極的に会話する

ぜひとも近づきたい、と思える人が現れた場合はまず、積極的に会話をしてみましょう。そうすることであなたの存在や価値観などを相手にダイレクトに伝えることができるのだとか。

あくまで自分からアプローチを仕掛けないといけません。受け身な対応なままだと相手に気をつかわせてしまい、なかなか関係も前に進まないんだとか。そうすればなんだか気疲れする相手と認識されてしまい、友達になれずに終わってしまうんだそう。

趣味などの共通の話題を見つける

まずは自然な会話の流れから相手との共通点を見つけることが重要なんだそう。相手との共通した会話をすることで、その場が盛り上がりお相手もあなたのことをもっと知りたいと思ってくれるんだそう。

確かに共通の話題がある人だと素で会話ができ、ストレスもあまり感じませんよね。会話が滞ってしまうとなんだか微妙な雰囲気になることもあります。そんな心配もなくどんどん会話が弾むのでおススメなんだとか。もちろん、お友達ではなく上司への会話も共通項を見つけることでオドオドせずにすみますよ◎

スポンサーリンク

自分で実践できる友達の作り方

今あまり友達がおらず、少し寂しい思いをされている方もいらっしゃるかと思います。友達って自分の判断だけで出来るモノではありませんよね。

お相手にも自分のことを知ってもらい、認識してもらえることで初めて対等な友人関係を築くことができます。どちらかが優劣をつけてしまうとそれは友人関係とはいえません。

それでは実際に自分自身で始めることのできる友達の作り方をみてみましょう!はやくも実践するだけで友達ができるかもしれません。

自分を偽らない

まずは自分のことをよく見られようとする為に自分を偽らないということです。確かに最初こそ好印象を与えることができるかもしれませんが、なかなか後々の関係には結びつかないんです。あなた自身もボロを出さないようにと段々取り繕う行動にでてしまいがちに。そうすると人間の信頼関係に亀裂が生じやすくなるため、せっかくの友人関係も台無しに。また、傷つく可能性もあるので、絶対にしてはいけないんです。

友達とはあなたの人間性に同調や尊敬をしなければなれない関係でもあります。そんな関係を鼻から裏切るような行為に値するので、極力素の自分で接するようにしましょう!もちろん、自分を卑下する必要は微塵もありませんよ。

自分だけでなく、相手の話を聞く

意外と見落としがちな相手の会話。ついつい自分だけが喋り続けてしまっていませんか?お相手に自分のことを親身に伝えることも大切ですが、同じくお相手も「自分の話を聞いてほしい」と思っているハズです。きちんとした態度で聞き、ときには感想やアドバイスも述べることでプラスの印象に。

誰しもが話を聞いてくれる存在を有難いと感じるモノ。さらにプラスアルファでアドバイスなんてもらえたら本当に御の字ですよね。そんな大切な関係はぜひ友達になりたいと思うハズ。自分だけでなく、お相手の立場に立てるのも大事なんです。

喜怒哀楽はハッキリと

仕事中や普段の生活に置いては意外と隠してしまいがちな「喜怒哀楽」。大人になった今、隠すことも大切な時代になってしまいました。しかし、友達にはそんなあなたの喜怒哀楽も赤裸々に現してしまっていいんです。もちろん、理不尽に怒鳴りつけたり相手を傷つける行為はNGです。

隠しがちな喜怒哀楽をあえて表現することでお相手も「自分だからこそ現してくれている」と思ってもらえたら信頼関係もグッと掴むことができますよ。腹を割って接することができる関係こそが友達なんです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?昔は何気に存在していた「友達」。自分自身の成長とともに友達との友人関係も大きく変わっていくことが分かりました。

友達だからこそできる事や会話なども多いので是非とも友達は大切にしていきたいモノですよね。要点を押さえればきっとあなたも友達の多い人生を送れるハズです!前向きにそして、謙虚にアタックしてみましょう!

関連記事として、

モテる方法ってあるの?まずは自分を見つめなおそう!

プライドが高い人の特徴は?上手な付き合い方や心理について!

お金を貯める方法について!節約や無駄を失くすには?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

フォローする