一生独身でいる女性に必要なものは?メリット・デメリットも紹介!

先に言わせていただければ、結婚しないのが悪いわけじゃありません!様々なライフスタイルが選ばれている現代、「一生独身でいよう」と思う女性も少なくないのです。

でも、本当に独身でいいの?と悩んでいる方、そんな方に一生独身でいることのメリット、デメリットをご紹介したいと思います。少し、あなたの人生について考えてみませんか?

スポンサーリンク

一生独身でいるデメリット

結婚

一生独身でいる主なデメリットは大きく2つ。でも、この2つがなかなか重く感じられるかもしれません。

金銭的なデメリット

特に女性が一生独身でいることの大きなデメリットは、金銭的なもの。もちろん女性でも、男性に負けないぐらいの収入がある人がいることは確かです。

でも、日本では女性と男性の収入の格差は30年前から埋まっていないといわれており、多くの女性は男性よりも収入が少ないというのが現状です。

特に女性の場合は、派遣社員として働く人も多いですが、女性が一生一人で生きていくためには、とにかく安定して十分な収入を得ることが重要になります。

老後の心配

一生独身でいることを選ぶということは、老後の面倒を見てくれる人は見込めないということにもなります。

今は近くに家族や友達がいるかもしれませんが、あなたが年を取ったときには、親はおそらくもういないでしょうし、他の家族や友達も同じように年を取っていますから、あなたの老後の世話はできないでしょう。

自分自身で老人ホームや介護施設に入所することが必要になるので、ここでも金銭的な負担が必要になります。

スポンサーリンク

一生独身でいるメリット

ジャンプ

独身でいるメリットももちろんあります!とくに自由を求める人にはメリットが盛りだくさん。

収入はすべて自分のもの

独身でいるのなら、自分で稼いだお金はすべて自分のものにできますね。家庭の貯蓄に回すことも、子供の養育費や学費にあてる必要もありません。

お金を何にどれだけ使っても、それを咎める人がいないのですから、自分の好きなことに好きなだけお金を使えます。旅行好きな方や、趣味に打ち込んでいる方の場合は、このために独身でいるという方も少なくありません。

親戚関係に悩むことなし

恋人である限りは関係のない話ですが、結婚するとなるとついて回るのが相手側の家族や親戚との付き合い。嫁姑問題をはじめ、今まで全くの他人だった人たちと、うまくやっていくことは大変なことですよね。

もし結婚して子供ができなかったら文句を言われるかも、同居をすると言い出すかも、気に入ってもらえずいじめられるかも…なんてことを考えると憂鬱になってしまいます。独身でいれば、そんな心配は無用です。

夫との関係に悩むこともない

大好きだったはずの彼。結婚して夫婦になり、何年も一緒に過ごすうちに、なんでこんな人と結婚してしまったんだろう…と思ってしまうなんて話は珍しくありません。

それどころか、一生の愛を誓い合ったはずの夫に裏切られ浮気をされるなんてことも、芸能人に限った話ではなくなってしまいましたね。そんな思いをするくらいなら、一生独身でもいいかも…と思ってしまう場合もあるようです。

自由に自分に時間を使える

結婚した後は、自分ひとりのために使う時間はほぼなくなるといっていいでしょう。夫と妻とで家事の分担をするという家庭も、今は増えてきているかと思われますが、やはり日本の社会全体で見た場合は「家事は女の仕事」という意識が根強いことは確か。

ですから特に、最近当たり前になっている共働きの場合は、今までの会社での仕事+家事をする必要があり、女性の負担は増えることが多いようです。また、専業主婦の場合でも、子供でもいれば子育てに追われる毎日が待っています。

自分のことなんて二の次になってしまいますね。独身の場合は、すべてプライベートの時間は自分に費やすことができます。

一生自由に恋愛ができる

結婚してしまえば、多くの夫婦は「恋人」から「家族」になってしまいます。過ごす時間が長くなればなるほどに、お互いを異性として意識しなくなり、ときめきなんてなくなってしまうことがほとんど。

それに、結婚するということは、一生夫になった男性だけを愛し続けるということですから、他の男性との恋愛はご法度。しかも男性の場合なら、最終的には許されることも多い浮気。ですが女性が浮気なんてしようものなら、一発で離婚なんてこともザラです。リスクが高いので、なかなか浮気なんてものはできません。

「そんな風にときめきもなく、一人の男性に縛られるなんてイヤ!」と感じる人は、結婚しないほうがよさそうですね。一生独身なら、恋人は作り放題です。

スポンサーリンク

一生独身はいやかも…と思ったら?

セクシー

一生独身のデメリットを見て、「やっぱり一生独身はいやかも…」と少しでも思ったあなた。少しでも迷う気持ちがあるなら、少し結婚に対して前向きなアクションを起こしてみませんか?

婚活をしよう

「婚活とかなんかガツガツしているみたいでイヤ」「結婚相談所とかは行きたくない」…婚活と聞くだけで、なんとなく拒絶反応を起こしてしまうなんて人もいるかもしれません。

でも、婚活と一口で言っても、その方法は様々。そんなに堅苦しく考えることはありません。たとえばあなたが「出会いがない」と考えているのなら、友人に紹介してもらったり、コンパに参加してもいいでしょう。

それに、今はネット上の婚活サイトも多数ありますから、気軽に婚活をすることができます。それに、「結婚してみようかな」と思ったら、躊躇している暇はありません。できるだけ早くアクションを起こすことが大切です。

男性受けを意識しよう

男性は、視覚から得る情報を大事にするといわれています。また、男性と結婚するのですから、男性に好まれる雰囲気や服装を身に着けるのが大事なことは当然ですね。

今あなたに結婚しようと思っている特定の人がいない場合は、あなたに関わる全ての独身男性が、あなたの夫候補になりえます。ですから、そんな男性たちの内の一人でも多くが、あなたを女性として好ましいと感じるように工夫をすることが必要なのです。あなたはその何人かの夫候補の中から、夫となる人を選べばいいのですから。

「男性受けなんて恥ずかしい」「男性に媚を売るみたいでイヤ」なんて思う方もいるかもしれません。でも、男性受けは、男性のために意識することではありません。最終的には自分の選択肢を広げるための手段なのです。

外見だけじゃなく中身も磨こう

もちろん、男受けのいい外見ばかり気にしていてもダメです。相手の男性だって人生の伴侶を選ぶわけですから、外見ばかり気にして中身がない女性のことは、まともな男性ならば選ばないはず。

特に男性が重視するような、家庭的なスキルは最低限持っている必要がありますし、「自分の家族とうまくやってくれそうだ」と思われるような人当たりの良さや、気が利くような様子は、常日頃からさりげなくアピールしたいところ。

これは、一朝一夕で身につくものではありませんから、常に気を配って努力することが必要ですね。これは結婚をするためだけではなく、あなた自身の大人の女性としての魅力をアップさせてくれることです。

スポンサーリンク

一生独身がいい!…と思ったら

ホワイトボード

「結局結婚にメリットを感じない」「もう一生独身がいい!」と思った方ももちろんいると思います。そんな方は、あなたの人生はあなただけのものということ。

誰かに頼ることがなかなか難しくなりますから、自分の人生についてのビジョンをしっかり持つことが必要です。

とにかくお金を貯めよう

繰り返しになりますが、女性が一生独身の場合に一番問題となるのが金銭的なこと。あなたは自分のために、自分で収入を得る必要があります。

体調を崩してしまって、仕事を休まなくてはいけなくなっても、何らかの理由で職を失ってしまったとしても、誰も金銭的にフォローはしてくれないと考えなければいけません。それに、老後のこともあります。

自分で自分の世話ができるうちはいいのですが、もし介護が必要になったときには、介護施設に入所したり介護ヘルパーを雇う必要が出てきますので、また更に費用がかかります。

「年金があるじゃないか」と思う方も、もしかしたらいるかもしれませんが、今すでに年金のシステムは崩壊しつつありますし、いつまで年金をもらえるのかも分かりません。ですから、できるだけ色んな事に備えて、自分で貯蓄をしておかなければならないのです。

老後の計画を立てよう

若い時に自分が一人で生活していても、不便さを感じることは少ないでしょう。一生独身でいようと思った場合、金銭的なことも含めて考えることは「老後」この一言に尽きるかもしれません。

老後に自分がどのような生活を送りたいのか、また送る可能性があるのかをシミュレーションし、備える必要があります。たとえば住む場所はどうするのか、戸建てかマンションの一室でも買うのか、それとも賃貸か、老人ホームに入所するのか…。病気になってしまったらどうするのか、介護が必要になったら?考えることは山のようにあります。

一生独身でいようと決めたのならば、少しでも早く計画を立てて、用意を始めなければいけません。

人間関係を大切に

結婚して自分の家庭を持つようになると、女性は家庭に掛かり切りになってしまうものです。あなたのご友人でもいませんか?結婚するまでは頻繁に連絡を取り合い、よく会っていたのに、結婚してからはだんだん疎遠になってしまったという人。

彼女たちは、他の人と疎遠になったとしても、家庭というものがありますから、人との関りが老後に絶えてしまうということはあまりありません。でも、あなたが友人たちとの関係をないがしろにしていた場合、あなたが年を取ったときに周りには誰もいない。いてもヘルパーさんだけ…なんて悲しいことも起こらないとは言い切れません。

すべて老後のためとは言いませんが、薄っぺらではない人間関係を大切にしていくことは、一生独身でいようと思ったあなたにこそ必要なことです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?物事には一長一短がありますので、一生独身でいるのも結婚するのも、メリットもデメリットがどちらともにあります。でも、それを選ぶのはあなた自身。「周りが結婚しているから」とか、「周りの既婚者がみんな離婚したいと言っているから」と、周りの意見に流されて、自分の一生を決めることはありません。

あなた自身の一度しかない人生。好きなように、楽しんで生きられるライフスタイルを選びましょう。

関連記事として、

結婚を後悔しないために!生活で大切なことは何?

あげまんとは?特徴や性格、表情はどんな風なの?

失恋から立ち直る方法を教えて!新しい恋に踏み出したい!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

フォローする