運が悪いと感じるのはどういう時?強運を手に入れる方法は何?

「俺はなんだかツイてるなぁ!」「私ってホント運が悪いわ…」

皆さんは自分の人生や、最近の出来事に関してどちらの意見に賛成しますか?通勤や休日のショッピングなど毎日同じように過ごしているように見えても、当の本人からすれば日々異なった結果や出来事に見舞われているモノですよね。これは人間であればみんながそうであると思います。

また、今日こそは!と意気込んでいたり、あらかじめ準備などをして備えていたのにも関わらず失敗してしまい、それは運によって導かれたと感じることも多いかと思います。偶然と偶然が重なり合っていくともはやそれは「運」以外のなにものでもありません。そんな「運」ですが、悪いと感じるにはある共通点があるモノなんだとか。実際にその運についてみていきましょう!

スポンサーリンク

「運」は意外にも操れるモノ?!

身近な存在なのにどこかスピリチュアルな要素も含まれている「運」。自分では操作しようもないし…と諦めてしまっていませんか?確かに偶然と偶然が出会うことで運は出来上がるのですが、諦めてしまうのにはもったいなすぎるんです!

「運」は意外にもあらかじめ実態を知っておくことで、ある程度コントロールできるモノなんだとか。運とは一体何によって引き起こされているモノなのでしょうか?実際に紐解いていきましょう!

人間はどういった時に「運が悪い」と感じるのか

「目覚ましをセットしていたのにも関わらず、寝坊してしまった」「いつもはきちんとしているのに、今日に限ってサボっているところを部長に見つかってしまった」など、日常には運が悪いと感じるシーンなんていくらでもありますよね。人間が運が悪いと思う共通点には、「いつもはキチンと出来ているのに」といった怒りにも近いような感情があるんです。

確かにいつもと違う結果であったり、予期せぬ出来事が自分自身にとっては最悪なモノである場合に「運が悪い」と感じませんか?自分が思い描いていた結果と異なる場合に「運」を引き出してしまっているんです。

それは、自己防衛ともとれる思考ですよね。「自分はいつも頑張っているのに今日は運が悪かった」と考えてしまった方がモチベーションの堕落にストップをかけることが容易にできるからなんです。そんな偶然も人間の思考回路によって「運」にすり替えられているのかもしれません。

「運が悪い」のは疲れているから?!

ミスやドジなどの失敗が続くときって本当に自分の運を呪いますよね。よりによって1日に集約したかのように失敗が重なるなんて事もあります。そんな初歩的なミスが続く運の悪い日…ではなく、あなたの疲労が貯まっているからかもしれません。

人間は疲れているとどうしても判断能力やし瞬発力が落ちてしまいがちです。自分では気付いていなくても身体はもちろん、精神的にも少し疲れているのかもしれません。そんな時にはいつも以上にゆったりと過ごしたり、緊張感から離れることであっという間に「悪い運」を追い払うことができるかもしれませんよ。

日頃からネガティブ思考の人は運も悪い?!

お仕事やプライベート問わず日常生活に置いてネガティブな思考が強い人は、運も悪くなりがちなんだとか。少しの失敗や過ちだけで「自分はなんて運が悪いんだ」「私なんて所詮…」なんて暗い思考ばかり続けているとどうしても憂鬱な気分から救われない毎日になってしまいます。

運が悪いと判断してしまう、最悪な出来事が起こったときにこそ、実は頑張り時なんです。例えば、会社で何かミスを起こしてしまいお客様に謝罪しに行くことになったとします。この段階では運が悪いと思いますよね。

しかし、いざ謝罪に行ってみるとお客様に励まされた!なんて結果だったらどうでしょうか?不幸中の幸いとも言えるかもしれませんが、この結果には運がいいですよね。例え怒られてしまう結果であったとしても次の成功に繋がるチャンスだ!と思うことができれば、運がいいと思えなかったにしろ、運が悪かったといった思考には当てはまらないハズです。

スポンサーリンク

運が悪い人は習慣も悪い?!

運は自分で操作できるモノ、といった見解をご紹介しましたが、どうすれば悪い運を追い払うことができるのでしょうか?毎日同じことをしているのに、どうも調子が上がらず毎日が厄日のようだ…なんて思ったことありませんか?

そんな運が悪いと思う人の日常生活は、どのようなモノなのでしょうか?なんとなく失敗が多いイメージであったり、信頼できる人に恵まれていなかったり…と想像してしまいますよね。実際にはどのような習慣が運の悪さを引き起こしているのでしょうか?実際にみていきましょう!

整理整頓ができていない

ご自宅やお仕事場でのデスク上など何処でも共通するのは、運が悪いと感じる人の大半の方が整理整頓が出来ていないんだとか。物理的にも書類が埋もれてしまったり、すべきタスクの見通しが不透明になってしまったりと良いことがないのは周知の事実ですよね。しかし、精神面にも悪影響が生じるのをご存知でしょうか?

整理整頓ができていないと、目的のモノを探したりするせいで時間の喪失をしてしまったり、普段から頭の中もぐちゃぐちゃになってしまいがちなので順序立てて計画ができなくなってしまったりして、ミスが頻発してしまうんです。このように運が悪いのではなく、環境的要因が主になっているのかもしれません。

「運が悪いから」と逃げてしまう前に、自分の周りの環境について今一度確認してみましょう。

笑顔がない

あまりに失敗が続いてしまうと、どうしても気持ちは落ち込んでしまいがちですよね。誰でも怒られてしまうと精神的にも疲弊してしまうモノです。

そんなあなたの雰囲気に周りの方も気を遣ってしまうしまうモノですよね。そうすると、どうしてもあなたを負のオーラが身を包んでしまうんだとか。

失敗した時にこそ気にかけたいのが、「笑顔を絶やさない」こと。皆が落ち込む場面でも、当事者であるあなたが笑顔を見せることで、会社全体が前に向かってビジョンを組み立てれるので良い雰囲気になること間違いナシです◎

もちろん、反省はすべきことであり、きちんと次に活かすための再発防止は必須事項です。ヘラヘラしていると捉えられてしまうと、反省もせずに悪いイメージを持たれてしまう原因になるので気を付けましょう。

思いやりがない

運が悪い人って何かと身の付くモノがないな…と思ったことはありませんか?「運が悪いから」「どうせ自分なんか」と常に言い訳を準備しているかのような態度をとっているので人徳にも恵まれにくいんだとか。また、自分自身のことのみしか考えていないような態度に見えてしまうので、思いやりを感じられず、他の人からも思いやりなどの恩恵を得られにくくなってしまているかもしれません。

そんな自分がしんどい窮地に立っているときこそ重要なのが周りの方々に「思いやり」を共有することが大切なんです。自分がいっぱいいっぱいになっているときは本当にツラい状況にいるかもしれません。

しかし、周りの方も少なからず様々な状況にぶつかっているモノですよね。そんな時にこそ「思いやり合う」ことで運が悪いと言わざるを得なかった状況から運に恵まれていると思えるような環境に変化するモノでしょう。

スポンサーリンク

「強運」を身につけよう!

偶然の出来事によってもたらされた悪い出来事は、どのようにすることで追い払うことが出来るのでしょうか?

どんなに自分自身の努力をしていたとしてもやはり、悪い運がつきまとう…なんてことも長い人生の中にはあり得ることですよね。そんな悪運との関係を打ち切るには、やはり強い運、すなわち「強運」を身に着けることで対処できるんだとか。

どのように生活していたり、習慣を見直すことで強運は自分に味方してくれるようになるのでしょうか?実際に強運の持ち主と自他ともに認めていらっしゃる方の特徴をご紹介しましょう!

健康を維持する

生物において最も重要なモノは何だと思いますか?それは、毎日を健全に生きることのできる「健康」なんです。人間も生物なので、悲しくもいつかは死に至る運命です。しかし、その人間の人生は、病気に侵されて苦しむことを予期なくされた人や、逆に天寿を全うしていきた方など様々な生き様がありますよね。

運がいい、強運の持ち主だ、と感じる人の多くは健康そのものの方が多いんです。何故なら、自分自身の身体や心が活発に活動できる状況にあるからこそ、毎日を生きる活力を得ることができ、日々を精力的に過ごすことができるんです。しかし、運が悪いと思いながら生きている方には、逆に不健康である場合が多く確認されています。機械にも言える事ですが、メンテナンスを怠ると身体以外にもガタが生じてしまうんです。

健康を維持できるということは、自分自身のモチベーションの維持も得意とする方が多いので、毎日の出来事にも臨機応変に対応することができ、人望も厚くなり、強運や人徳に恵まれているんですね。

強運の持ち主を見習う

強運の持ち主の方って、傍から見ていても輝かしい雰囲気に包まれていると感じることができるかと思います。

何をやっても上手く行き、人からも信頼されて、嫉妬など醜い感情が生まれそうになるかもしれません。しかし、そんな醜い感情を抱いている暇はないんです!そんな強運の持ち主に出会ったときこそがチャンスで敢えてその人とコミュニケーションを図ってみて下さい。そうすることで、あなたになかったモノが共有されるようになりあなたも強運の持ち主へとなり得るのです。

陰気な雰囲気で合ったり、悪口ばかり言っていたり、自分を卑下ばかりするような発言をしている集団にいると運もどこかへ逃げ去り、あなたにも悪い出来事が伝染してしまいます。そんな集団に長く留まっているのではなく、自分自身で突破口を見つけ出し、前に進むことこそが大切ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?運が悪い人は、そこか自分自身に言い聞かせて運のせいにしてしまっていたり、自分から変化を避ける事によってもたらされている悪いことだということが分かりました。

強運とは、ただの偶然ではなく、自分自身からつかみ取る事ができるので、ぜひ今日の今からでも実践してしてみて下さいね!きっと人生観が180度変わるハズですよ◎

スポンサーリンク

フォローする