旦那が嫌いでストレス!離婚しないための改善方法は?

パンチ

結婚した時は幸せをいっぱいで「一生この人と共に生きていくと」決めたはずなのに、結婚生活をいざ始めると、慣れない家事や育児で奥さんは大変!その上、旦那さんの行動にいちいち目がいってしまい。イライラしますね。そんな積み重りが、「旦那が嫌い」「旦那がうっとうしい」と思うようになってしまい、夫婦仲も覚めてしまいます。

しかし、旦那さんが嫌いなままで、この先ずっと過ごしていくのですか?

今回は奥さんがイライラする旦那が嫌いに理由と、嫌いになった旦那さんと過ごしていく上で改善できることはないか、これについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

旦那の事が嫌いな理由とは?

woman-975339_960_720

自分の事ばかりしている

子供が産まれたら奥さんは家事と慣れない育児に大忙しです。そんな時に休日でも育児をしてくれない、子供と遊んでくれない、家事を手伝ってくれない旦那さんに対して奥さんの不満は爆発してしまいます。

24時間子供の面倒を見ていて自分の事も後回しになりがちな奥さんに、休む時間はありません。休日になって自分の趣味や買い物にいく自分勝手な行動に不満が募っていきます。

育児方針のずれ

これはほとんどの家庭にあるかもしれません。こんな風に育てたい、将来こんな風になってほしいと子供に願うのはどの親も思う事ですが、その主張がお互い強くなり過ぎる為、夫婦の間にもズレが生じます。奥さんからすれば常に子供の事を考えて毎日を過ごしているのに、育児方針に口出しされたり、否定されるのはとてもストレスなことです。

かと言って旦那さんが口出しをしてはいけないという理由はどこにもありませんが、旦那さんの家の育児方針、つまりお姑さんと同じ意見を奥さんに押し付けるという事も珍しくなく、添いうことがあれば旦那を嫌いになるきっかけにもなります。

金銭面の問題

離婚原因に一番多いのが金銭感覚の違いです。小遣いをちゃんと渡しているのに、遊びやギャンブルに使い、小遣いをまた催促する、家計を圧迫しそうなくらい高価なものを買うなど、旦那さんが金銭管理をできないことが理由になっています。

生活していくには食費も生活費もかかりますし、子供が産まれればお金もかかり、それは子供が大きくなるにつれて増えていく一方です。あるだけのお金を使えば、貯金もできず将来も不安になります。

中には「俺が稼いできた金を使って何が悪い!」という人もいますが、金銭管理はができないという事は将来性を感じないと同じことなので、お金がなくなったと同時に奥さんもいなくなる・・・という事もあります。金の切れ目が縁の切れ目といいますが、結婚をして共同で生活していることに自覚がもてなければ、金銭面での問題は解決されません。

浮気をされた

愛し合って結婚した相手の裏切り行為、浮気。これも旦那さんを嫌いになる一番多い原因です。しかも子供ができ、妊娠中など奥さんの身動きがとれない時にされる事が多いということも少なくありません。

そんな時に浮気をされて許す仏の様な女性がいるのかはわかりませんが、他の女性と浮気をした旦那さんを不潔に感じてしまったり、裏切り行為によって愛が冷めてしまい、共に一緒にいる事が耐えられなくなってしまいます。その後の結婚生活を続けていくとしても、一度失った信用を簡単には取り戻せません。

ありがとうと言わない

毎日、旦那さんの為に一生懸命ご飯を作っても、部屋を綺麗にしても「ありがとう」と言われないと感じている人はたくさんいます。旦那さんは仕事を、奥さんは家事に育児が当たり前となり、お互いにしてもらっているという気持ちがなくなってしまうと、そういう言葉も出なくなります。

食事は勝手に出てくるものでもないし、家の中も自然に綺麗になっているのではない事をわかってもらいたい、「ありがとう」の言葉のひとつもなくなってしまえば頑張っていても報われないと嫌な気持ちになります。

愛情を感じない

女性は愛されてこそ幸せになれる!しかし旦那さんの愛を感じないと感じてしまうとそこから一気に冷めてしまうことも。つきあっていた頃とはまるで別人のようになり妻への接し方や、妻の体調が悪くても飲みに行くなど優先順位も変われば、旦那さんの愛も感じられず嫌いになる原因にもなります。

「釣った魚に餌はやらない」といったタイプの男性は特に要注意です!

夫婦の営みへの不満

何年も一緒にいればマンネリも仕方ありませんが、旦那さんが自分本位のセックスになり、自分だけ満足したら終わりということに奥さんは不満が募っていきます。そんなセックスが続けば奥さんも行為自体が嫌になり、誘われても嫌悪感しか抱けなくなっていまったらセックスレスにも繋がります。

嫌悪感を抱いてしまうと旦那さんの手が触れるのも嫌になってしまいます。

暴力的な言動

旦那さんの事が一瞬で嫌いになってしまう出来事、それは奥さんや子供に対して暴力的な言動をした時です。

子供がグズグズ言いだし言う事を聞かない、何を言っても泣きやまないなどは奥さんからすれば日常的な事ですが、旦那さんは仕事で疲れている時や、ゆっくり休日を過ごしている時に子供がそういう状態になればイライラして暴言を吐いてしまう事があります。

お互い、怒りの沸点にも違いがあるのですが、母は子を守るという本能があり、その子供を攻撃された事で旦那さんへの愛情が一気に冷めてしまいます。普段は優しい父親でも何度も重なっていってしまうと嫌いになり、夫婦関係にも溝をつくってしまう原因にも!

スポンサーリンク

旦那を嫌いなまま過ごすの?

不和

一度旦那さんの事を嫌いになってしまうと、嫌なところが次から次へと出てきてしまい、夫婦関係の修復ができない可能性があります。

女性には恐いほど冷静な部分があり、嫌いなままでもお金さえ稼いできたらあとはどうでもいい、酷な話ですが旦那さんを「ATM」と呼ぶ人も少なくはありません・・・。

こうなってしまえば、「離婚したら慰謝料はいくらくらい?」、「今、旦那が死んだら保険金は?」など男性からすればゾッとするような事を考えるようになります。

現実にこういった事をネットで検索されている回数は、年間で10万回を軽く超えています!

奥さんのストレスは子供にも影響する!

子供

奥さんが旦那さんを嫌いになってしまうと日々ストレスをためるようになり、夫婦仲も悪化していく一方で、子供にも深刻な影響を与えかねません。夫婦仲が悪くなれば奥さんの愛情は子供に集中してしまい、旦那さんとの会話も減っていきますよね?

夫婦仲が悪い事は子供はとても敏感に感じています。最低限の会話しかしない両親を見て、人と接する事がうまくできなくなってしまう子供。夫婦喧嘩が絶えず、罵声や暴言に怯えるストレスなど、様々な問題が子供の中で起きていても、母親は日々のストレスでそれが見えなくなる恐れがあります。

最近では10代でうつ病を発症する子供も増えていますが、その多くの原因は家庭環境にあると言われています。

単に夫婦間だけの問題と思われることでも、家庭の基盤は夫婦です。その基盤が崩れていく事で家庭崩壊に繋がる可能性は十分にあり得る事なのです。

スポンサーリンク

旦那さんが嫌いな事を改善するには?

holding-hands-1149411_960_720

旦那さんに耐えられず離婚になってしまったり、夫婦仲が悪いことで子供への影響も心配されるなか、一度嫌いになった旦那さんを見つめ直すことや、夫婦仲を改善することは不可能なのでしょうか?

誰もが幸せな未来を本当は願っているからこそ、相手に不満があるのではないでしょうか。

本当は仲良くしたい、歳をとっても素敵な夫婦でいたい!そんな方に旦那嫌いを改善する方法をいくつか解説していきます。

多くを求めない

旦那さんに対して「あなたなら、やってくれる」と、期待していたけど求めていたものと違っていたり、どうしてそうなるのと!?とついイライラしてしまいますよね。

しかし何度も続いてしまうと何をやらせてもダメだと、旦那さんを冷めた目で見るようになったり、見下してしまってはいませんか?

ですが旦那さんとあなたは元は他人同士、育ってきた環境も違いますので、あなたの期待するような行動をしないのは当然なのです。

そもそも男性と女性の考え方も違うので、女性の基準で考えている事は旦那さんには通用しないと思ってください。

自分のものさしで物事を見ないこと、旦那さんに多くを求めないこと。何かを求めたとしても期待半分くらいの方が、きっとあなたも気持ち的に楽になりますよ。

お互い見返りを求めようとしない

家事や育児をこんなに頑張っているのに「ありがとう」の言葉がないことで、「私の事をちっとも分かってくれてない」と思う気持ちはわかりますが、そこばかり気にしていては嫌いな気持ちだけがエスカレートしていくばかりです。

ひどくなっていけば「私に感謝しているの!?」と口に出てしまう事がありますが、それはあなたが旦那さんに見返りを求めている証拠なのです。

見返りを求めることは、旦那さんに対する思いやりの気持ちが欠けているからではないでしょうか。

そんな態度をとってしまうと、外で働いてきて「こんなに頑張っているのに」と旦那さんも思うようになります。

しかしお互い相手を労う気持ちがなり、当たり前のようになるのはダメです。当たり前のようになれば、相手に感謝する気持ちもなくなってしまいます。

お互い見返りを求めないようにすれば「私がこんなに!」と思う気持ちもなくなり、そんな姿をきっと旦那さんは感じてくれるはずです。

嫌いなところを探そうとしない

ひとつ嫌いなところが見つけてしまうと、「あんなところも嫌い」「こんなところも嫌い」とキリがなく、そうしているうちに全てが嫌いと旦那さんを否定してしまうようになります。

ひとつ屋根の下で暮らしていれば、1つや2つ嫌なこところは出てきますが、旦那さんの嫌いな部分だけ見て、そこから更に嫌いな部分を探そうとしてはいませんか?それは長く共に過ごす相手に対して絶対にしてはいけません。旦那さんではない他の人に対してでも同じですが、自分から嫌いな部分を見つけようとする行為は付き合いそのものを否定することと同じです。

夫婦ともなれば、嫌いなところがひとつやふたつあるかもしれませんが、「××は嫌いだけど、○○は良いところ」という風に思考に切り替えてみませんか?

嫌いなところばかり見ようとせずに相手の良いところをきちんと見ることで、旦那さんの全てが嫌いになるという事もなくなりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

旦那さんを嫌いになって、奥さんが旦那さんが嫌いな事についてネットで検索をする人が非常に多いのです!関連ワードには「旦那嫌い離婚」「旦那 死ねばいい」「旦那 殺し方」など、かなり恐い検索までかけられているようで、思ったより夫婦間の問題は深刻では!?

旦那さんを嫌いになった原因はいろいろあると思いますが、元は他人同士の2人が共に人生を歩んでいくのはそう上手く行く事ばかりではありません。

夫婦はお互いに思いやりの気持ちをもちつつも、相手に多くを望まない、程よく妥協することが、結婚生活を長く続けていく秘訣なのかもしれませんね。

関連記事として、

熟年離婚の原因って?その後の生活によって準備している場合も!

モラハラ夫の特徴って?どうやって対処するのが良い?

セックスレスの原因って?夫と妻、それぞれに問題がある場合の対処法!

これらの記事も合わせてお読みください!