社会不適合者は仕事がしづらい?特徴やデメリットについて!

「社会不適合者」と聞くと、どんなふうな人物像を抱きますか?人とうまく関われない人?会社勤めがうまくいかない人?いわゆるニート?引きこもり?いろんなイメージがあると思いますが、いずれにしろ全ていいイメージとは言えませんよね。

それに、言葉は何となく聞いたことあるけど、社会不適合者ってどんな人のことをいうのか、はっきりとはわからない人がほとんどなのではないかと思います。今回は、そんな社会不適合者と呼ばれる人たちの特徴と生き方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

社会不適合者の特徴とは?

2お悔み社会不適合者と呼ばれる人たちには、共通の特徴があるといいます。ここでは、その中でも大きい特徴を4つご紹介していきます。

人間不信である

「不信」という言葉の通りに、他人のことを全く信用することができないことですね。「自分も疑り深いけど…」と思う人もいると思いますが、その人と社会不適合者の人との度合いは大きく異なります。

社会不適合者の人は、どれだけ疑っても疑い飽きることはありません。全く他人のことを信用できないのですから、疑り深い、深くない云々というよりは、自分以外の他人をずーっと疑っているのです。「他人を信用できない」というのは、他の社会不適合者の人の特徴である、「虚言癖」「思い込み」「自信過剰」の根源であるといっていいかもしれません。

何にせよ、自分以外を疑い続けている人は、人間関係で成り立っている社会の中では、不適合者であると考えられても仕方がないかもしれません。

虚言癖がある

誰でも、社会生活において小さな嘘をつくことはあるでしょう。自分のための嘘かもしれませんし、他人のことを思っての嘘かもしれません。でも、虚言「癖」とまでなってしまってしまうと、病的なまでに嘘をついてしまうというレベルのことを言います。嘘をつくことが癖になっているので、自覚がなく、まるで呼吸をするように嘘をついてしまうのです。

また、話し始めたときには「この話は嘘だ」という自覚を持てていたとしても、自分がどんどん話を進めていくにつれて「嘘をついている」という意識はなくなってしまうという場合もあります。

こんな風に嘘をつくのが癖になっている人がいると、周りの人はいつも嘘か本当なのか分からず、混乱してしまいますね。果ては、他人に信用されなくなってしまいますから、社会にうまく適合できているとはいえないでしょう。

思い込みが激しい

「人間不信」で「虚言癖」がある人ならば、かならず思い込みが激しい人のはずですね。「人は信じられない、いつも疑わなければならない。」「この話は嘘ではなく本当の話だ」という風に思いこまなければ、なかなかそのように思い続けることは難しいでしょう。

また、思い込みが激しいことが自分にとってもマイナスに働いてしまうと、仕事のミスや人間関係のもつれを「自分のせいでこうなってしまった」とすべて背負い込むようになってしまうといいます。

社会において、いろいろな問題や不都合は起きるものですが、それがすべて1人のせいだということはまずありえない話です。ましてや人間関係の話ならば、なおさらの事。すべてを自分のせいだと感じてしまうようでは、重圧に耐えきれず潰れてしまいます。社会で生きていきにくいに決まっています。

自信過剰である

社会不適合者の人は、他人を信じることができません。他人に平気で嘘をつきますし、様々な問題はすべて自分のせいだと感じることもあるほど、思い込みが激しいのです。これらに共通しているのは、「他人なんかいなくても、自分ひとりで大丈夫だ」という自信過剰さがあるということ。世界が自分だけで完結しているということです。

これは、例えば無人島に1人住んでいるなど、本当に1人で生活ができる環境ならば問題のないことなのです。でも、他人同士が集まっている社会の中で生活を送るためには、他人との関りは避けて通れないこと。「自分が」「自分の」と自分の事ばかり気にしていては、うまく周りと強調することはできません。自分のことを第三者の視点でとらえることができなければ、うまく社会に適合することはできないのです。

スポンサーリンク

社会不適合者のデメリットとは?

社会不適合者4社会不適合者といわれる人の特徴を踏まえて、実際にそんな人たちが社会で暮らしていると、どんな不都合を感じているのかをご紹介していきたいと思います。

人付き合いが困難

特徴でご説明したように、社会不適合者は「人間不信」で「虚言癖」があり、「思い込みが激しい」。さらには「自信過剰」な人物。人付き合いがうまくいくはずがありません。

逆に言ってしまえば、こんな人が周りにいたとして、どうやってうまくやっていけばいいのでしょうか。手を差し伸べても信じてもらえず、話を聞いても嘘ばかり。なかなか難しいのではないかと思います。

こういう風に伝えると「なんだか社会不適合者の人ってかわいそう…」と思われるかもしれませんが、本当の社会不適合者だったら、他人のことを信じられないので、他人とうまくやっていきたいとも思っていないでしょう。

働くことが困難

社会不適合者の人は、まずその特徴から人付き合いが難しいですよね。「でも仕事は話が別なんじゃ?」と思う人もいるかもしれません。ですが、ビジネスシーンや会社の中で仕事を円滑に進めるためには、信頼関係が重要。人間関係の充実が必要とされています。

人間関係をうまく構築することができない社会不適合者の人では、多くのいわゆる会社勤めはなかなか勤まらないでしょう。

それに、人間不信ならば他人に仕事を任せることはできませんし、仮に任せることができても、何度も自分の目で確認しなければならなくなるでしょう。それでは仕事はいつまでたっても終わりませんよね。それに、ビジネスの場で虚言癖を出されると、多くの人間や会社、果ては利益にまで被害が及びます。どれをとっても、社会不適合者の人の会社勤めは困難です。

スポンサーリンク

自分は社会不適合者かも?と思ったら

社会不適合者3ここまで読み進めてきて、「思い当たることが多い…もしかして自分も社会不適合者なのでは?」と思う人もいるかもしれません。そんな人にお伝えしたいことがあります。

思い違いの可能性がほとんど!

「もしかして…」と思う人は多いかもしれません。「自分は人付き合いが苦手だ」「人間嫌いだ」「自分の事しか考えていない」「集団から孤立している」…なんて、思って不安な気持ちになってしまっているのではないでしょうか。でも、多くの場合はそんな心配は無用なのです。

多くの人がイメージするよりももっと、社会不適合者といわれる人たちの特徴の「虚言癖」「思い込みが激しい」「自信過剰」は大きいものですし、それになにより「人間不信」というのは、なかなかなろうと思ってなれるものではありません。自分以外の人間すべてを信じられないなんてこと、想像できますか?

自分以外の他人を信じられないということは、人間社会においては、すべてのものを疑うことに他なりません。そうなってくると、外食はおろか、究極に言ってしまえば水を飲むことも、家にただ住むことだって難しくなってしまうはずです。

生き方を変えてみる

なるほど自分は社会不適合者ではないかもしれないけれども、社会生活においてうまく適応できている気がしない…生きにくさを感じている、という場合もあるかもしれません。

社会不適合者でなくとも、人付き合いが億劫に感じたり、他人のことを考えられない、なんてことはあります。それが元々の個性であったり、社会生活で疲れてしまった時にそんな風になってしまうこともあるでしょう。

でも、常にそんな風に窮屈に感じているようなら、無理をして今の生活を続けることはないのではないでしょうか。

・働き方を変える

あなたが今、多くの人がいる会社に勤めていて、多くの人と関わっていることが億劫に感じているのなら、働き方を変えるという選択肢もあります。社会には、自宅でできる仕事だってあるのです。

他人と全く関わらないということはないでしょうが、会社勤めをしているよりはずっと自分の時間を持てるようになるでしょうし、煩わしい人間関係に悩むことは今よりずっと減るでしょう。

「簡単にそんなこと言うけど、そんなことできるわけない」と思う人もいるかもしれません。それは、なかなかうまくいく話ではないでしょう。困難な道でも自分の生きやすい道を選ぶのか、自分が生きにくくても今の安定した生活を選ぶのかは自分次第です。

・考え方を変える

色々な事情が人それぞれにありますので、働き方を変えるのは無理…という場合だってあるでしょう。それでは、考え方を変えるのはいかがでしょうか。考え方を変えることはいつだって、誰にだってできます。

会社の中で生きづらさを感じているのなら、あなたは必要以上に気を使って、息苦しい思いをしているかもしれません。他人と対応している時の自分を客観的に見ることができるようになり、会社は自分の生活の糧を得るところであり、必要以上に人間関係を深める必要はない。という風に考えることができれば、会社の人間関係にも肩の力を抜いて取り組むことができると思いませんか?

  • 自分のことを第三者の視点で見る
  • 会社とプライベートを完全に分けて考える。

この2つを意識するだけでも、少しは気持ちが楽になるかもしれません。

参考サイト:社会不適合者の特徴5つ

スポンサーリンク

まとめ

社会不適合者の人の特徴と、社会不適合者かも?と不安になっている人への生き方の一例についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

人間関係で悩んでいて、仕事の場面でも息苦しさを感じている人は多く、「自分は社会不適合者なんじゃないか…」と不安になる人も少なくないと思います。

ですが、今回ご紹介したように、ほとんどの人が社会不適合者ではありません。多くの人が、生き方や考え方を変えて、自分の生きやすい環境で生きていくことができるのです。

関連記事として、

仕事でストレスを感じやすい人の特徴!病気になる前に対処しよう!

会社を休む理由はどうする?直前か計画的かで変わる言い訳方法!

退職理由はどうするのが良い?例文を伝え方を紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

フォローする