読書をする効果とは!自分を磨きたい人は必見!何を得られる?

皆さんは普段、本を読みますか?近年ではインターネットやテレビなどの電子機器の普及により「活字離れ」が深刻化しています。新聞や本を読まない人も増えてきたのではないでしょうか?特に若者による読書離れが最も深刻で約半数の人々がここ1カ月間に読書していないと答えたとの結果があるほどなんです。

しかし、そんな読書でしか得ることのできない「読書効果」があるのをご存知でしょうか?どことなく昔から「読書はいい」「本を読みなさい」とよく言われてきたと思います。本を酔うことが苦手な人が増えていますが、何故読書は勧められるのでしょうか?しなくても済むモノだから淘汰されている…そんな風にも捉えられてしまっているような「読書」の本当は良い点や得られる絶大な効果についてフォーカスを当ててみていきましょう!

スポンサーリンク

読書で得られる「実力」

学生時代には苦手と認識することの多かった読書感想文。読書感想文といえば夏休みや冬休みなどの長期休暇のシンボルといっても過言ではありませんよね。今も昔も必ずといっていい程に出題されている宿題です。もちろん、読書感想文といった宿題がなければ本を読むことすらしないという人もいたことと思います。

そんな面倒と思われがちな読書ですが、どうして人間は本を読むようになったのでしょうか?それは本を読むことによって得られるモノがあったからに違いありません。そこで、本を読むことによって得られるモノは何だと思いますか?本を読むことによって得られる「実力」について考えてみましょう。

知識が身につく

本を読むことの最大の魅力とも言えるのが「知識の習得」かと思います。最近では自己啓発本も多く出版されており、自身の習慣を見直すキッカケともなる機会を与えてくれるモノでもありますよね。どうして自己啓発本が流行っていると思いますか?自己啓発本の多くは「お金持ちの方が実際にしている習慣」であったり「○○はコレで成功した!」などのキャッチ―な表紙やうたい文句が多いと思います。そのキャッチコピーを見たときに「自分とは何が違うんだろう?」と感じたことはありませんか?

このように他の人の人生や生き方、価値観などを手軽に目にすることができるのが本なのです。身の回りに成功している人がいても、なんだか直接聞くのには気が引けますし、何しろ教えてもらえない可能性だってあります。もちろん、1から10まで手順を語ってくれる方はそんなにいないハズです。しかし、本ならば順序よく解説してくれており、とても丁寧に指導までしてくれるんです。自分の価値観にプラスアルファのモノが付くことで人間は成長できるモノなんです。

語彙力が身につく

本を読むにあたって必要なことは何だと思いますか?それは「言葉を理解する能力」なんです。テレビなどの動画とは違って、読書は自分自身で言葉を噛み砕き理解する必要がありますよね。話し方も自分の心の中で構築されるモノだと思います。そんな読書だからこそ得られるのは、「語彙力」です。語彙力とは、言葉のレパートリーの事を主に指しますが、これこそ勉強しなければ身には付かないモノです。小さい子どもは、自分の知っている言葉でしか自分を表現できませんよね?それを成長していく過程でいろいろな言葉に触れ合い、理解し、自分自身でも使いこなせるようになるのです。

しかし、大人になった今、語彙力の成長を成し遂げることができるのは自分自身しかいません。英会話のように他言語であればレッスンを受ければ済むかもしれません。学生の授業ならまだしも、日本人が日本語学校へ行く例はあまり一般的ではありませんよね。そんな時の教科書ともなり得るのが他でもなく、「本」なのです。読書をすることによって作者によって異なる語彙を吸収することができるのです。

想像力が身につく

読書する際に、物語であればその世界観に入り込むことによってよりよい読書ができますよね。他にも想像を駆り立てることによって得られるモノが2倍にも3倍にも膨れ上がってくるモノだと思います。

テレビドラマやアニメ、マンガであれば想像する前にも効果音などの聴覚や視覚などから情報がたくさん得られます。しかし、読書はあくまで字の世界なので、自分から世界観を構築しなければなりません。最初こそ難しいと感じる人もいらっしゃるかと思いますが、慣れてくるとそれが楽しくて仕方なくなるのです。そんな想像力は読書でしか得られない実力なのです。

集中力が身につく

読書は前述の通り、さまざまな因子が結びついてできる行為ですよね。その因子ひとつひとつを結びつける手伝いをしてくれるのが「集中力」なんです。集中力がなければ世界に入り込むことも語彙を身に着けることも、ましてや字を読み続けることもできませんよね。

そんな「集中力」ですが、読書をすることによって自然と身につくのも本を読むことの最大の魅力のひとつでもあるんです。小さい頃は絵本を読んでもらった経験があったと思います。しかし絵がたくさん載っている絵本でも、最初は集中して座って読んでもらうことが難しいんです。しかし、回数を重ねてもらうことにより、それは楽しみに変化し、絵本が大好きな子になります。これは、小さい子だけでなく大人にも言える反復の精神でもあったんですね。

スポンサーリンク

読書から貰えるステキな「効果」

今までは読書をすることによって直接得ることのできる「実力」についてみてきました。これらの「実力」を得られることによってあなたはどのような「効果」に結びつくと考えますか?

実力だけもっているだけでは、なんとも「宝の持ち腐れ」ですよね。その実力を発揮してこそ意味や価値があるんです。ではどのように発揮できるモノなのでしょうか?実際にその「効果」とやらを除いてみましょう!

感受性が豊かに

本を読んで得られるモノは前述のようにたくさんのモノがありましたよね。中でも大きいのは、「討論せずとも他の人の考え方である価値観や習慣などを得られる」ことかと思います。いろいろな人の意見を聞ける機会は本当に貴重なモノです。しかし、現実世界では考え方による意見の食い違いなどから衝突が起こってしまうのもシバシバ。そんな悲しい結末を避けるには自分の意見以外の意見も認め、尊重し、考え合える力、そう「感受性」が必要なんです。

読書によっていろいろな意見を身につけることの出来ている人は、そんな「感受性」も非常に豊かになるんだとか。普段から違う世界に触れることに慣れているために、現実世界の出来事であっても臨機応変に対応できるのです。この力があまりに欠けていると社会にて必要不可欠でもある協調性も欠いてしまうことになり兼ねないので是非とも養いたい能力なんです。

情報処理能力の助長

読書をすると様々な情報を得られることができます。同時にその世界を頭の中で創造し、考え、物語を自分自身の心と本の文字で前に進めていかなければなりません。そこで必要なのは、その情報における「処理能力」なんです。この能力がなければ目の前のことのみしか取り組むことができず、結果として生産性も落としてしまうことになりますよね。

本を読んで普段より脳の活性化を図ることで情報処理能力も自然と身に着けることができ、何かトラブルがあっても臨機応変に必要な手順を確実に取って解決する糸口を掴むことができるようになるんです。

自分の基盤を安定させられる

人はなにかトラブルが起こったり、巻き込まれたりするとどうしてもオロオロしてしまったり、弱ったりしてしまうモノです。そこで心もが折れてしまうとそのまま挫折してしまい、立ち直ることも困難を強いられてしまいますよね。挫折しやすい人とそうでない人の違いは何だと思いますか?それは自分の土台とも言える「基盤」の違いにあるのかと思います。

人はそれぞれの環境や経験を元に基盤の形成を行っています。もちろん、経験数が多い目上の人と新入社員では基盤の強さが違いますよね。しかし、ただただ歳を取ったり、勤続年数が多いだけでは基盤は強くなりません。あくまで「経験」こそがモノをいうのです。その経験をもっとも手早く手に入れれる手段のひとつが「読書」なんです。読書することによって様々な考えを身にまとうことができ、その上で基盤の形成にも役立てることが可能なんです。打たれ強いのは精神力に長けているだけという理由ではないんです。

スポンサーリンク

読書と向き合うために

いきなり「本を読みなさい」と言われてもなかなか実践できないのが現実ですよね。やはり自分自身のある種の決心をもって初めて行動にできるモノだと思います。そんな読書と向き合うためにはどのように心掛けたら良いのでしょうか?ただただ本を読むのではなく、力に換算するために必要な項目をまとめてみました。

本には「正解」は載っていない

本を執筆している作者も「人間」であることに間違いはありません。その作者自身も執筆するにあたって様々な環境や経験もして来られていますが、生きている限りは勉強中なんです。そんな人間が書いているのですから、決して「正解」を書いておられるワケではないんです。

あくまで考え方の一種であり、価値観を養うためのモノであると考えたほうが良いでしょう◎また同じ題材のモノを作者を変えて読んでみるのも良いかもしれません。「正解」ではなく、より良い人生を見つけるための「ヒント」なのです。

あくまで「知識」である

本を読んだからといって何もかもが出来るワケではないことを今一度理解しておきましょう。例えば魔法使いのお話を読んだからといって魔法が使えるようになるワケではありませんよね。ただし、魔法使いであっても魔法が使えるからこその苦しみがあるんだな…といった感情は得ることができるので、そこが「経験」として得られるモノなのです。アノ人は何でもできるからいいなぁ、で終わるのではなく、できるからこそのプレッシャーがある、と理解できるようになるハズです。あくまでそういった「知識」を養うのが読書の醍醐味でもあるんです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?最近では本を読む人が少なくなった…と悲観的になるのではなく、読書する人が少ない今でこそがチャンスなんです。このチャンスを今、自分の力にすることができればきっと将来にもステキな結果が待ち受けているハズです!今すぐ本屋さんや行って一冊ずつでも自分の力に換算していきましょう!

スポンサーリンク

フォローする