飛び込み営業で得られる事とは?必要なスキルを紹介!

皆さん、営業職にどんなイメージをお持ちですか?「ノルマがキツイ」「ツラそう」などの抽象的なイメージが強く、最近の新卒者は避ける傾向が強いんだそうです。そんな一言で営業職と言っても、営業にも種類が存在するのはご存知でしょうか?一般的な消費者をターゲットにした営業職から会社を相手にする営業など実は数多に分かれているんです。

そんな中でも最も過酷なイメージがある「飛び込み営業」。なんだか漠然と怖い…といった声が多い種類の営業職でもあるんです。皆が敬遠しがちなお仕事ですが、意外と就いてみるとハマる人も続出!そんな飛び込み営業の全貌を把握して、営業職を正しく見つめていきましょう!

スポンサーリンク

「営業」=ツライは間違い?!

多くの人が「営業はツライ」といった固定概念に邪魔をされ、営業職を経験する前にその職に就くことを避けてしまう傾向があるようです。どうしてそんな固定概念があるのでしょうか?

人は苦手なモノや環境を避ける傾向があるのは誰にでも当てはまりますよね。そんな皆が苦手意識を持つ職を自分自身のスキルにし、武器にすることで大きな成功への近道ともなるんです。まずは固定概念を取り払って、「営業」の真の姿に迫ってみましょう!

自分はできると思うことが大切

ノルマが…時間が…商品が…なんて営業マンの愚痴、よく聞きませんか?これを聞いた人は「やはり営業って大変なんだな…」と感じてしまいますよね。でもちょっと考えてみて下さい!この愚痴って、実は「言い訳」であると思いませんか?

確かにノルマや売り込む商品などはその会社ごとに違いますし、実際にとんでもない数字を割り当てられているのかもしれません。しかし、最初から出来ないと思ったことが出来ると思いますか?ノルマや時間の制約は厳しいけれども、自分ならこうすることで出来る!と思うことこそが、自分自身のモチベーション維持の源でもあるのです。

そのモチベーションの高さはお相手であるお客様にも確実に伝わるハズです。営業職はある意味自分との闘いでもあるんですね。

イメージを捨てる

営業=ツライ、しんどいというのは、あくまでイメージにすぎません。実際にあなたがその業界に携わってみて、結果としてツライと感じたならばそれはあなたの不得意分野であったと分かります。しかし、単なるイメージに囚われていては、あなたの天職かもしれない営業職を自ら手放ししてしまっているようなモノですよね。

営業=ツライといった世間的なイメージは思い切って捨ててしまって一度経験してみましょう。今、実際に営業職に就いている人も多くの人がそのイメージを捨てることによって成功している人がほとんどです。最初こそキツイなぁと感じてしまったとしても、いつしか立派な営業マンになっているモノですよ。

やりがいがあるからこそ現代にも営業マンがいる

はるか昔の世代から存在する「営業マン」たち。どうしてこんなにも発展した世の中にも未だに人と人のつながりを重要視する営業といった職が存在するのでしょうか?

答えは意外とカンタンなんです。それは、「営業こそが会社と人とを繋げる架け橋」だからです。私たちの周りには、普段の日常生活でもさりげなく営業が行われているんです。テレビを見ればコマーシャルが、スマホでネットサーフィンをすれば広告が普通にありますよね。これは、種類は違えどれっきとした営業行為なんです。

この営業行為がなければ、世の中に出てもあなたと商品は出会わない可能性が高いですよね。そこに仕事としてのやりがいを感じ、消費者からも会社側からも存在を求められているので、これほど豊かな社会になった現代にも営業マンが必要とされているんです。

スポンサーリンク

飛び込み営業に必要なスキルとは?

それでは、営業職の中でも最もハードルが高いとも言われている飛び込み営業についてみていきましょう。飛び込み営業とは今まで顧客としての繋がりが全くない関係の会社や企業などのお客様に対して営業を行う、いわゆるアポイントがないような場合などもあり得る営業のスタイルを指します。自分で販売ルートを開拓していけるので、会社の経営を直接担っているようなモノでもあるんです。

しかし、そんな飛び込み営業は最近の若者が避けたいと思うジャンルでもあるんです。そんな飛び込み営業の実態とはどのようなモノなのでしょうか?

体力勝負なときもある

飛び込み営業はそれまでのパイプなどのコネがないところをメインに営業を行います。そんあ飛び込み営業に必要なのは、体育会系バリの体力なんだとか。

飛び込み営業は新しい顧客を求めて、1日に何件も何十件ものお宅や企業などを訪問します。話を聞いてくれる人は少ないかもしれません。しかし、それでも仕事のためには動かざるえないんです。そんな飛び込み営業のスタイルもあってか、やはり体力が必要不可欠となります。スーツに革靴といった正装のまま歩き回るのには確かに体力が必要ですよね。

精神面がタフでなければダメ

飛び込み営業はやはり初対面の人を相手にする分、お相手もどこか冷ややかな場合が多いんです。訪問販売などをイメージしてもらうと分かると思いますが、「お話だけでも…」と言われても無視してドアをガッシャンと閉めるなんて経験、ありませんか?

そうした話すら聞いてもらえないなんてこともしばしばあります。そんな事が続くとやはり精神的に参ってしまうモノ。しかし、飛び込み営業に必要なのは、強い精神力なんです。分かってはいても、なかなかできないモノですよね。しかし、どんなに素晴らしい商品であっても自信の感じられない人物から商品をお金を出して購入したいと思いますか?ましてや話すら聞きたいと思わないかもしれません。飛び込み営業には強いチャレンジ精神が必要なんです。

ついつい話を聞きたくなるようなトーク術

飛び込み営業はお客様のニーズと離れた商品を紹介しなければならない場面もあります。「今はいらない」「話に耳を傾けるのがめんどくさい」などと思われてしまうのが多いんです。

スーツの着こなしなどの身だしなみや清潔感はもちろんのこと、会話の中にも誠実さや堅実さがあれば、人は誰でも話を聞きたいと思うハズです。例えば、当たり障りない会話からでもお客様のニーズをすぐさまキャッチし、そのニーズに少しでも寄り添うことで飛び込み営業の成功率もグンとアップします。ありきたりな会話は退屈に感じてしまいがちです。少しでも興味を持ってもらうには1対1で会話することのできる飛び込み営業を手掛けるあなただけの特権なんですよ。

スポンサーリンク

飛び込み営業で得られる3つの事

飛び込み営業は体力などの基礎能力とトーク術などの努力が常に必要なことが分かりました。一見、厳しい世界にも思える飛び込み営業の世界。しかし、営業職に携わるようになると何故かチャレンジしたくなる魅力があるんだとか。

そんな飛び込み営業だからこそ得られる能力や結果が実はたくさんあるんだそう!その中でも最も共感の多かったリアルな声を3つあげていきましょう。

自分をコントロールできるようになる

普通のサラリーマンとして毎日会社と自宅を往復する毎日。そんな平凡な毎日でもヤル気が出なかったり、どうしてもモチベーションが上がらなかったりといった日は誰しもがありますよね。そんなツライ負の感情の連鎖を止めることができるようになるんです。

飛び込み営業の大半はひとり行動がおおいですよね。分かりやすく言えば、真面目に営業するもサボるも自由なんです。もちろん、結果が伴わないと自分自身の首を絞めているも当然なので真面目に営業をするしか道はありません。飛び込み営業は自分自身のモチベーションが下がっているとなかなか話すら聞いてもらえない場合が多いんです。なので自分自身をコントロールする力が自然と実ってくるんだとか。毎日が仕事をするだけでトレーニングされるなんてなんとも夢のようですよね。

相手の気持ちを汲み取れるようになる

飛び込み営業に最初から好印象を持って接してくれる人は早々いません。むしろ煙たがれる存在と思っていた方が楽なときもあります。そんなマイナスな関係から営業して、商品を購入して頂けるプラスの関係になるには、相手に気持ちよくなってもらうことです。

相手に不快に思われないようにするには相手の気持ちを汲み取ることが重要ですよね。しつこく迫るだけでは心は開いてくれず、より頑なになってしまうモノです。そんな相手の懐に入る事ができたのなら、あなたは立派な営業マンであること間違いナシですよ。

自分自身で営業のノウハウを完成できる

先輩や同僚の良いところを取り入れて、自分自身の営業スタイルを構築することで、自分だけでしか通用しない営業のノウハウを完成させることができます。

自分のことを一番に理解しているのは、やはり自分ですよね。自分自身だけでできるノウハウの完成は、そんな自分だからこそ出来ることなんです。自分の外見や雰囲気などを最大限に活用することが大切ですよ◎後輩ができ、また営業を教えたり、指導する立場になってもノウハウさえあれば自分の立場や業績は必然とついてくるモノなんだとか。毎日の勤務の中で営業のスタイルを探しながら構築できるのは、営業職に就いている営業マンだからこそ得られるやりがいであり、誇りでもあるんだそうですよ!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?営業の中でも一番過酷なイメージのあると声の多かった飛び込み営業は、意外にもやりがいに満ち溢れた職でしたよね。確かに、キツイと思うことがあるのかもしれません。自分との闘いにも勝たなければならず、契約が取れないループにはまることもあるかもしれません。しかし、世の中の仕事は全ての人が闘いながら毎日を過ごしていますよね。

人対人の関係を築くことで得られるやりがいだからこそ今でも飛び込み営業の営業マンは存在しています。ツラそうだから…なんて固定概念は捨ててあなたも充実した毎日を手に入れませんか?