器が小さいとは?特徴や悪影響を知って改善しよう!

皆さんは周りの人のことをどのように評価し、それを踏まえた上で人間関係を結んでおられますでしょうか?だいたいの方は、「信頼できる」「思慮深い」「考え方が斬新」などと理由があるかと思います。そんな人たちに囲まれての毎日は本当に輝かしい生活だと思えることでしょう。

しかし、そんな人たちとの人間関係でもふとした瞬間に「アレ?この人器小さいのかな?」と感じてしまったことはありませんか?人それぞれの価値観や思想はありますが、もしかするとアナタのその「こだわり」がある種の「器の小さい人」認定を引き起こしてしまっている場合も。そんな「器の小さい人」にならないためにも特徴などを具体的にみていきましょう!

スポンサーリンク

人の「器」とは?

まずは根底にある「器」についてみていきましょう。器が小さいとはよく耳にする定義かと思いますが、意外にもうやむやな定義の領域があるハズです。そんな中でもコレ!といった「器の定義」を今一度みてみましょう!

器のサイズはどのように計るの?

「器が小さい」の反対の言葉として、「器が大きい(広い)」「心が広い」などがあります。そう、器にはサイズがあるんです。そんな器のサイズはどのようにして計られていると思いますか?h

実はコレ、意外にも曖昧なモノで聞き手の判断に依存するんです。聞き手が会話の中で器が小さいと感じるか大きいと感じるかでその人の印象は決まってしまうは、本当に意外ですよね。聞き手がイライラしたり、不快感を感じることで話し手の器のサイズが決まってしまうので、会話するときには、自分自身が「器の小さいイヤなやつ」になってしまわぬように注意が必要です。

「器」って何?

それでは、そんな曖昧なモノなのにもかかわらず、よく耳にする「器」とは一体何なのでしょうか?器とは許容範囲のことを比喩して使われる言葉なんです。小さい器と大きい器があり、水を注いでいくと、早く水が溢れてしまうのは小さい器の方ですよね。このように、その人の許容範囲を器で表現し、どこまでを許すことができるのか、という意味なんです。

器が小さいということは、どうしても細かいことに気になりがちで、よく言えば繊細さを兼ね備えた人なんです。しかし、繊細さと紙一重で異なるのは、その物事にたいしてどのへんが気に入らないのか、といった「議題」に対する価値観なんです。他の人が聞いたり、客観的に見てみると許せることでも、自分の身に起こってしまうと許せない、それが器が小さいということになります。

「器が大きい=なんでも許される」ではない!

いくら器が大きいから、と言ってその人に対して何でもしていいワケではありません」。この辺を悪気があるのかないのか、勘違いしてしまっている人が非常に多いのも残念な点なんです。何でもしていい、という思考こそが器が小さいと思われてしまう行動でもあることを今一度理解しておきましょう。

器が大きい人であっても「親しき中にも礼儀あり」です。器が大きいと評判の人に無理なことを過剰にしてしまい、見放されてしまっては他の誰にも相手にされなくなってしまう可能性が高まります。

器が大きい人には失礼なことをして見過ごしてもらうのではなく、キチンと向き合うことでその器の大きさのノウハウを学んだ方が身の為ですよ◎

スポンサーリンク

器が小さい人の特徴5選

それでは実際に器が小さい人に共通する特徴とは、一体どのようなモノなんでしょうか?

自分は言われてしまっていても気がつかなかったという人は「器が大きい人」、悪えがなくても自然と口にしてしまっていたり、行動してしまっていた人は「器が小さい人」である可能性が十分高いです。今一度自分を見つめ直して、より良い人間関係を築くためにもチェックしていきましょう!

分かっていても、人のせいにする

人間は誰しもミスや大きな失敗などが付き物ですよね。完璧な人間なんて本当にいないのです。しかし、人はみんな自分の努力次第で単純なミスやトラブルを事前に防ごうとして、完璧により近いカタチを追い求めて生きているモノですよね。そんな中でもやはりトラブルが発生してしまうのも、また人間らしさとも言うべきでしょうか。

そんな誰にでもありがちなトラブルが起こった時に、アナタはどのような行動をとっていますか?「非を認め、修正する人」「解決に精進する人」など様々かと思います。たいていの人は、どうしてそのようなトラブルが起こってしまったのか根本的な部分を見直す方が多いと思います。

しかし、器の小さい残念な人に共通するのは、「それは○○がやったことで、俺だけの判断ではない」「○○がこんな発言をしなければ私はトラブルなんて起こさなかった」などと何よりも早く「人のせい」にしてしまうんだとか。チームでやったことならば連帯責任にもなり得ることでも、自分だけは逃れたいという器の小ささが垣間見えますよね。

過去のことをずっと引っ張り出してくる

長い人生において過去の出来事はどう頑張っても取り消すことができず、場合によっては一生背負って生きていかなくてはならないこともありますよね。しかし、たいていの物事の場合であれば他人からすればスグに忘れてしまうことが多いのも事実です。

しかし、器の小さい人はどんなに現在において成功や権力を掴んだ人に対しても、過去のことをずーっと引っ張り出してきてグチグチ言うんだとか。確かに、その過去の出来事で何人かの人は犠牲になってしまっているかもしれません。しかし、過去の反省があるからこその今があるモノですよね。そんな過去ばかりに縛られている人は、やはり器が小さいと思われても仕方ありませんよね。

自分の思惑通りでないと気が済まない

何かを決定するにときには、たくさんのリサーチやディベートなどが繰り返されるモノですよね。そんな過程を経て、みんなの意見を重ね重ね考慮した結果、ひとつのプロセスが生み出されるモノです。しかし、そのプロセスが自分が提案したモノや賛同したモノ以外は決して認めないのも、器の小さい人の特徴なんだとか。

ひとつのプロセスに絞られ、イヤイヤながらも仕事だから、と一緒に物事を進めていき何かトラブルが起こる毎に「だからこっちの案はダメだってば~」などとチクチク言ってくることも。場の空気を乱すだけで何も良いことはありませんよね。

どうしても上手くいかない場合は切り替える必要はもちろんありますが、一度決定したことにいちゃもんを付けるのはやはり器が小さいですよね。

学歴を気にしすぎる

就職活動をするにあたって、いまだかつて学歴社会であることを否定できない世の中ですよね。だんだんとその風潮は薄れてきているモノのまだ現存しているのも事実です。しかし、社会に出て数年経ったとしても、会社とも関係のない場面でも事あるごとに学歴を持ち出してくる方っていませんか?

学歴だけでは何の努力もしなければ「宝の持ち腐れ」になり兼ねませんよね。そんな学歴にもコンプレックスを抱いているのか否か、「これだから○○学校卒は~」「自分は○○が母校だから~」なんて言ってしまっていては、表向きは「すごいですね~」と言ってもらえるかもしれませんが、内心では「器が小さい人だな」と思われている可能性も。

学歴を否定したりすることはその人のことを侮辱しているのと、何ら変わりありませんよ。

お金に細かく、ケチな人

我々の生活にとって最も重要なモノでもある「お金」。お金がなければ何もできませんし、その為に働いて毎日頑張っていますよね。そんなお金ですが、必要なモノであってもなんだかケチケチしてしまっていませんか?

確かにお金は本当に大切なモノです。誰かが永遠に享受してくれることなんてまずありませんよね。自分の生活の範囲においてお金を節約することは重要ですが、会社に必要な備品や経費などを削りすぎてしまっていては業務に支障をきたしてしまいます。そのように必要な部分にまでもメスを入れすぎてしまっていては、器が小さくケチな人と思われてしまっているかも。何事も適度が大切なことを今一度理解しておきましょう。

スポンサーリンク

器が小さいと引き起こす影響とは

器が小さいと感じてしまう人は意外にも身近にいるモノですよね。プライベートな関係であれば水に流してしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、それが仕事上における人間関係であればあるほどなかなかシャットアウトすることが難しいモノです。

そんな器の小ささが原因で引き起こされる影響とは、どのようなモノがあるのでしょうか。身近にあることだからこそ、もう一度考えていきましょう!

信頼されなくなる

最初こそ「頑固」というキャラのように扱われていた方でも、あまりにも器の小ささが目立ってしまうと最終的には誰からも信頼されなくなってしまうかもしれません。何でも気軽に頼める器の大きい人と、何か頼む度にグチグチと言われてしまう器の小さい人ならば、断然前者の器の大きい人に頼むことが最良であることは間違いありませんよね。

だんだんと頼みごとが減っていき、気が付けばキャリアの圏内からも外れていた・・・なんてこともあり得るのです。

結果として「損をする」

器が小さい言動や行動を繰り返していると周りからのコンタクトは減っていき、結果として孤立してしまいがちです。一度孤立してしまうと周りからは寄り付けないオーラが漂ってしまうモノですよね。気軽に会話が楽しめる存在ではなくなってしまい、避けられてしまうなんてことも。

そうすると、コミュニケーションを図ることが難しくなってしまい、会話の機会が失われることで新たなチャンスが舞い込んでくることは、まずなくなってしまうことでしょう。結果として何も得られず、自分自身のアピールもままならないので損をしてしまうのです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?器が小さいとただただ思われていただけの存在から始まり、最終的には何もつかめずに損をしてしまう存在になってしまうことが分かりました。

自分自身の擁護のために器を頑なに小さく守っている方もいらっしゃるかもしれませんが、器を大きく構えることで許容範囲も広がり、余裕が生まれ新たなチャンスを掴みとれるモノです。自分が損をしないためにも、何事にも偏見にとらわれることなく素直な気持ちで取り組むことこそが成功への近道といえますよ。

スポンサーリンク

フォローする