彼氏が重い!特徴や心理、対処法を知っておこう!

せっかく彼氏ができて楽しい日々を送っていたと思っていたのに、なんだか最近彼氏が重い…、彼氏とのやり取りがめんどくさい…と感じるという女子が増えています。

いったいどういうことでそんな風に感じてしまうのでしょう。そもそも重い彼氏ってどんな人なのでしょう。そんなことを紹介しながら対策も考えてみましょう。

スポンサーリンク

重い彼氏ってたとえばどんな人のこと?特徴は?

女性2

重いといわれる彼氏の特徴をご紹介しましょう。

1日に何度も連絡があり、返事をしないと不機嫌に!

「今、何してる?」「食事は何を食べたの?」「今日はどこにいくの?」等々、どうでもいいようなことを電話やメールで事細かに聞いてきて、スルーすると返事するまで、メールを送り続けてくる…。もうストーカー並みですね。返事をしないと無視されたと思うのか、不機嫌だったり逆上したりで、着信があるだけで憂鬱な気分になってしまいます。

行動を把握していたがる

「誰と」「どこへ」「何のために…」と保護者でも聞かないようなことを知りたがります。付き合い始めた頃はそんなことも嬉しかったですが、それがずっと続くとなるとうんざりですね。心配だといいますが、はっきり言って何が心配なのかもわからない!いちいち聞かれるのも不愉快なので、逆に隠したくなるほど…。逆効果ですね。

干渉したがる

行動を把握したら、今後はいちいち意見したりして干渉されることが増えてきます。「○○ちゃんとは会わないほうがいい」「△△は行っても楽しくないよ」等々、あなたの意見は聞いていません!って言いたくなりますね。

嫉妬深い

どんなに大人しい人でも誰とも話さず1日を過ごすことは難しいものです。仕事であったり、仕事の合間のコミニュケーションだったり、友人同士でも異性と会話することもあるでしょう。そんな時、不機嫌な顔で会話するほうが変だと思うのですが、微笑んで会話しているだけで「あんなにニコニコと会話するなんて…」「○○のことが好きなのか?」など、くだらないことで問い詰められたら、あきれて言葉を失うことが多くなったりしますね。

女性同士の飲み会も嫌がったり、行くなと言ったり…。いいかげんにして!と叫びたくなることも…。

気持ちを何度も確認する

自分の気持ちを打ち明けるだけでなく、あなたの気持ちも確認したがることが増えます。「ずっと一緒にいたいね」「結婚しようと思うくらい好きだけど、君は?」という具合に何度も何度も確認しないといられなくなっているようです。毎日言われていると、その言葉が安っぽく感じられてきますね。

こんな風にご紹介すると男性が思う「重い女子」と同じですね。人は皆、自分の行動を干渉・束縛されると嫌な思いがするものです。相手を尊重する気持ちがあれば、重いと思われるような行動は少なくなるはずですが、行動を止められなくなってしまうのでしょう。

そうなるとエスカレートしてトラブルの元にもなりかねません。そうならないように注意する事も大切です。重い彼氏の心理を考えて、上手く対処するように心がけましょう。

スポンサーリンク

重い彼氏の対処法は?

考える女性

彼氏が重くて…と悩んだ時の対処法を考えてみましょう。

嫌だなと思ったことははっきりと口にする

始めが肝心です。つい付き合い始めの頃は「そんなに私のことを思ってくれているんだ」と嬉しい気持ちが多かったかもしれませんが、嫌だなと思ったら「それは嬉しくない」と口にしましょう。キライなのではない「嬉しくない」「困る」「ちょっと迷惑」という言葉で軽く牽制してみましょう。「こういう事が続くと好きじゃなくなってしまう…」という風に今は好きだけれど…というのがポイントです。

いきなり嫌いという言葉をだしてしまうと、男性はプライドを傷つけられたような気がして逆上してしまうかもしれませんし、怒ってますますその行為が増えてくるかもしれません。なぜそんなことをするのか?と話を聞いてみて、彼が不安に思うことがあるのならそれを解決しながら、伝えるという方法もありますね。

一度、距離を置くことを提案する

別れる前に、彼にも自分を見直してもらうために…、そして自分自身も彼と離れることで、気づくことがあるかもしれない…。そんな冷静な事を考える期間を設けましょう。そういうことを言うと彼は余計に怒ってしまうかもしれません。

冷静に、その期間をもうける理由を話し、彼にももっと彼女だけではなく、視野をひろげてもらってお互い成長できるようにという思いを込めて話しましょう。ずるずるでは意味がないので、期間を決めておくといいでしょう。

別れる前にちょっと考えてみましょう

彼がしつこく状況を確認してくる理由が貴方にないですか?「彼」という存在があるのに、不特定多数の異性と頻繁に出歩いていませんか?いくら友達だといっても、そんな彼女がいたら、確かに心配・不安でいろいろと聞きたがってくるでしょう。干渉してくるのもしかたないかもしれません。

もしかして彼の行動の原因は自分にあるかもしれません。逆の立場ならどう思うのか?自分がされて嫌だなと思うことは控えましょう。

彼のことは好きだけど、その迷惑な行為は嫌だ…というなら、彼に理解してもらい、彼自身に変わってもらうという方法もあります。難しいですが、少しずつ変わってもらいましょう!

スポンサーリンク

重い彼氏の心理って?

男性3

自信がない=慢性的に不安を感じているタイプ

恋愛経験が少なかったり、過去に辛い別れを経験しているなどの人に多いタイプです。自分に自信が無いために、束縛や干渉を繰り返してしまうのですが、逆に彼女から褒められたり、上手くおだてられることによって自信を持ち、「重い」といわれる行動が減っていく人が多いようです。

独占欲・支配欲が強いタイプ

彼女を自分の所有物のように扱う人が多いタイプです。綺麗な彼女を自慢する為に人に紹介はするけれど、彼女が思う様な行動をとらないと不機嫌になったりします。あくまでも主役は自分という人で、思い通りにならないと感情的になります。精神的に子どもっぽいところが多いのなら、大人の男性へ導いてあげるといいのかもしれません…。

マザコンタイプ

お母さんはいつだって子どもには優しいですね。そういう母性を女性に求めすぎる人もいます。お母さんは自分の嫌がることはしない…という思いから彼女にもそれを求めてしまうのです。もしかしたらお母さんからの愛情に飢えているのかもしれません。そういう人にはたっぷりと愛情をそそいであげると、安心して重い行動は少なくなるのかもしれません。

人間不信タイプ

過去に辛いことや嫌なことがあり、人間全体を信用していないのかもしれません。もしかしたら彼女のことさえもそうなのでしょう。人を信用できないと、つい確認したり、情報を欲しがったりすることが増えるのはしかたないかもしれません。もう傷つきたくないのです。

そういう男性は少しづつ心をほぐしてあげないといけないかもしれません。時間がかかるかもしれませんが、信頼関係を築くことからはじめましょう。

スポンサーリンク

重い彼氏を変えるには?

女性1

上記に少し、ポイントをお伝えしましたが、彼のことが好きならば、「重いなぁ…」と感じる傾向があった時に、少しづつ要点を話してみましょう。いきなり全部ダメ!という話し方ではなく、「どうして信用してもらえないのかな?」「私は私の考えがあるよ~」という風に一個人として自立してお付き合いをする事を理解してもらいましょう。

いきなり全て変わることはないですが、ちょっとでも彼が変わっているのが分かれば、それを認めて、大げさなくらい喜んであげましょう。彼の成長を一緒に実感できるのならば嬉しい事ですね。

別れる際の注意点は…

お付き合いをすることがストレスになり、思い悩んで病気になる人もいます。体調をくずして学校・会社を休みがちになるなど、身体にも不調なことが多くなります。

何度か、話し合っても理解してもらえない。など、限界に達しているのなら「別れ」というのもひとつの方法です。重いといわれる行動をする男性は、別れ話しの際もこじれる傾向があります。そうなる可能性も考えて長期戦になることを覚悟の上で話しましょう。

そもそも、「重いといわれるようなことをされる」のが原因で別れることになるのを理解してもらうようにしましょう。

「君のためにそういうことをした」と言われても、それは自分の望むことではなかったとはっきり言いましょう。怒ったりするかもしれませんが、できるだけ逆上させないように冷静に話すように気をつけましょう。

場合によっては、二人だけというのをさけたほうがいいかもしれませんね。彼のタイプを見極めて、話すタイミングを考えましょう。そして彼の弱点といわれるところはあえて指摘しないようにしましょう。たとえば「マザコン!」という言葉や「自信がない」ことの例などは触れないほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いろいろとお話ししてきましたが、「重いなぁ」と感じるのは人それぞれで、同じような態度で気になる人もいれば、それが嬉しいと感じる人もいます。周りが「それって重くない?」と言ったとしても自分がそれでいいのならばムリに話し合ったり、別れたりする必要はありません。恋愛に決まり事はないのですから。

ただ最初はよかったけれど~と思うなら、徐々に話してみたりして自分はその行動や態度は嬉しくないということを理解してもらいましょう。その時、男性は思っている以上にプライドが高かったり、女性から拒否されることにショックをうける人が多いということを理解して、怒らせるような発言は控えましょうね。

皆さんの恋が楽しく、素敵な経験になりますように!