束縛彼氏の心理って?特徴や付き合う上での注意点を紹介!

カップル女性のほうが、自分の恋人を束縛したがるという話も聞きますが、最近少なくないのが「束縛彼氏」。字の通りに、恋人である女性を束縛したがる男性のことです。

今回は、そんな束縛彼氏の生態と、もしあなたの彼氏が束縛彼氏だった時の対処法を、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

あなたの彼も束縛彼氏かも?束縛彼氏の特徴って?

じっと見る男性「束縛彼氏」っていったい何?そう思っているあなた。ここでは束縛彼氏とはどんな彼氏のことを指すのかご紹介します。もしかして、あなたも知らず知らずのうちに束縛彼氏と付き合っているかも!?

束縛彼氏はとにかく恋人の行動が気になる!

とにかく恋人の行動を把握しておきたいのが、束縛彼氏。そんな彼と休みの日を別々に過ごすともなれば、「誰と出かけるんだ」「そこに男はいるのか」「どこに行くんだ」「何時に帰るんだ」と、質問攻めにあうことでしょう。そして、実際に離れているときにも「1時間ごとに連絡しろ」と言われ、電話やメールを要求されることも…。

もはや監視レベルの束縛彼氏の行動。ですが、束縛彼氏は恋人が目の前にいない時には、恋人のことで頭がいっぱい!どうしても恋人が何をしているのか気になってしまうのです。

束縛彼氏は恋人を思い通りにしたがる!

束縛彼氏は、恋人が自分と一緒にいるときにも、恋人の行動をコントロールしたがります。

「恋人にとって自分は絶対的な存在である」と示してほしいのが、束縛彼氏。恋人には自分の思う通りのことをして欲しいと考えていて、恋人を管理したがります。

特に、恋人には他の男性を惹きつけかねない行動は、絶対にとって欲しくないと思っています。ですから、たとえば女性の大好きなメイクやファッションにまで、口出しをすることさえあります。

「そんなに肌を出してどうするんだ」や、「派手な化粧はやめろ」など、お前は父親か!というようなことを言ってくることもあるのです。

スポンサーリンク

束縛彼氏はなぜ束縛するの?

悩む赤ちゃん束縛彼氏はなぜそこまで恋人を束縛するのでしょう。考えられる理由を4つご紹介します。

自分に自信がない

恋人に対して強気に見える束縛彼氏。実は、自分に自信がない人こそなりやすいようです。自分に自信がある人ならば、恋人が自分以外の男に目もくれないだろうと思うはず。焦る必要も、心配も必要がないので、恋人の行動にも寛容になれるはずなのです。

自分に自信がなく、どこかで「自分と恋人は釣り合わない」と感じているからこそ、恋人が自分以外の男性と関わった時に、自分から離れて行ってしまうのではないか…と常に心配して、恋人が自分から離れないように束縛をしてしまうのです。

過去に恋人に裏切られたことがある

束縛彼氏は、以前信じていた恋人に裏切られた経験がある可能性があります。やはり、人間一度裏切られると用心深くなってしまうもの。

「以前の恋人のように、今の恋人も自分のことを裏切って浮気をするのではないか…」という心配から、恋人を束縛してしまうようになってしまっているのです。

恋人の行動を制限したり、把握したがるのは浮気予防のためなのです。

精神的に幼い

お互いが自立した大人の関係にあれば、恋愛関係で束縛をするなんてことは起こりません。束縛彼氏は、精神的に幼いままでいる可能性もあります。

お気に入りのおもちゃをいつまでも放さない子供のように、恋人が好きだからという理由で束縛してしまう、乱暴で子供っぽい愛し方しか知らない人なのかもしれません。

恋人に完全に依存している

恋人の他に夢中になれるものがない、親しい人がいないなどという場合は、彼が恋人に完全に依存してしまっている場合があります。

恋人以外の生活が充実している人ならば、そこまで恋人にかかりきりになる暇はないはずですし、恋人にそこまで執着しないはず。すべてが恋人中心になっている人ほど、束縛彼氏になりやすい傾向にあります。

スポンサーリンク

束縛彼氏とうまく付き合っていくには?

指でハート では、実際に束縛彼氏と付き合っているというあなた。「彼の束縛がイヤ」と感じていても、「でも彼のことが好きだし…」と、別れを望まないのならば、束縛彼氏とうまくやっていくしかありません!

こちらでは束縛彼氏とうまく付き合っていくためのコツ、お教えします。

彼の世界を広げてあげよう

束縛彼氏は「恋人・友人・趣味=彼女」になってしまいがち。すべてが恋人であるあなた中心で、あなただけの世界に生きる彼氏は、自然とあなたに執着しすぎてしまうものです。

それを避けるためには、彼に他のことに夢中になってもらったり、新たな趣味を見つけさせて、彼自身の世界を広げてあげる必要があります。

たとえば、2人で楽しめるアウトドアやスポーツなどに誘ってみたり、あなたの趣味に彼を誘ってみたり、あなたの仲間内に彼を紹介してあげたりして、他の人との関りを増やしてあげるといいでしょう。関わる人間や出来事が増えれば、あなただけにかまう時間はなくなりますので、彼の束縛も少しは落ち着くはずです。

あなた自身が「私も趣味がない」とか、「他の人とあまり関りがない」という場合も、いい機会ですから、彼を連れてあなた自身も世界を広げちゃいましょう。

先手を打ってしまおう

あなたと離れている時に、彼が「どこに行く?」「だれと会う?」「そこに男はいるのか?」と言うのがパターンでうんざり…ということはありませんか?

それならば、彼がそういうことを言い出す前に、「○○に、□□たち女の子だけで行ってくる」などと先に言っちゃいましょう。何なら、彼が聞いていない今日の予定や、友達の近況までつたえてもOK。彼が「わかったわかった、もういいから行ってきなよ」という気になるほどに情報を与えておけば、彼は満足するでしょう。

ただ、人によっては余計に「聞いてもいないのに、こんなに話すなんて怪しい!」と思う厄介な人もいます。そんな様子を彼が見せたなら、「一緒に来る?」という魔法の言葉をかけてあげましょう。もちろん実際には連れて行かなくていいのです。その場合は、その誘いの一言があるだけで、彼は安心できるでしょう。

彼を安心させよう

離れている時に、「1時間ごとに連絡を入れろ」と、遊びでも仕事でも関係なく言われる…なんてことはないでしょうか。中にはその要求に加えて、「写メを送れ」なんて言うつわものもいるかもしれません。

そんな彼氏は、もうとにかく離れている時のあなたのことが気になって、不安で仕方がないのです。ちょっと面倒くさいですが、彼との付き合いを続行するのならば、うまくやっていくしかありません。

遊びに行っている場合は、友達に了承を取って写メ付きで連絡を取ってあげましょう。友達と一緒の写メがあれば、何回も連絡をよこせと言ってくる確率は低くなっていきます。

仕事中の定時連絡は、もちろん無理ですよね。そんな時には、先に「職場では連絡はとれない」「この時間に仕事が終わるから、終わったら連絡する」ということを伝えておきましょう。いくらか彼の不安が和らぎます。

スポンサーリンク

束縛彼氏と付き合う上での注意点

ベンチのカップルあなたが束縛彼氏と付き合っているのなら、注意してほしいことがあります。

「束縛=愛」と思わないようにする

あなたの彼があなたを束縛しているのは、もちろんあなたを愛しているから。ですが、「束縛されていることが愛されているということ」ではありません。どちらかというと、彼自身に問題があるから、あなたは束縛されているのです。

「彼がこんなに私を束縛するのは、深く私のことを愛してくれているんだ」と思ってしまうようになると、お互いがお互いに依存しあう関係になってしまいます。

本当なら、彼にとってもあなたにとっても、束縛する・される関係よりも、お互いがお互いのことを信頼して、自立している関係のほうがずっといいはず。少しずつでも、彼を安心させながら、束縛することをやめさせていくようにする必要があります。

友達や周りとの関係も大切に

束縛彼氏と交際していると、彼氏以外の人と関わるのを彼が嫌うため、周りの人との関係が希薄になりがちです。何度も付き合いの場を断ることになると、「付き合い悪いなあ」と思われて、いつの間にか誘われなくなることも。

また、束縛彼氏のことを下手に友達に話してしまうと、のろけているように思われてしまうこともありますので要注意。彼のことを相談したいときには、ごく限られた人に困っていることを強調して相談するとよさそうです。

彼氏があなたを束縛すればするほど、あなたは周りから遠ざかっていきます。周りとの関係も大切にするように心がけましょう。

彼の束縛が負担に感じたら別れるのもアリ

「束縛彼氏によって、自分の行動が制限されたり、監視されているような気持ちが強まっている。」「彼氏以外の人との関係が希薄になったように感じる」と、彼の束縛が大きく負担に感じるようであれば、彼との別れを選ぶことももちろんアリです。

いくら恋人である、好きな相手であるからといって、何をされても耐えなければならない理由はありません。彼と話し合っても改善の余地がない場合や、あなたの生活が脅かされるまでに束縛されるようになってしまっている場合は、彼との関係を終わらせましょう。

スポンサーリンク

 まとめ

束縛彼氏の生態と対処法はいかがでしたでしょうか。男性でも女性でも、恋人を自分だけのものにしたいという気持ちはあるはず。程度のかわいい束縛であれば、対処しながらゆっくりと2人の関係を作っていくことができるはずです。でも、行き過ぎて大切な恋人の精神的な負担になってしまったり、生活を脅かすまでになってしまっては、それはもう暴力ですね。

あなたの周りには束縛彼氏・束縛彼女はいませんか?

もしかしたら、思い起こしてみれば自分が束縛しているかも…と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。束縛してしまうのは、多くは自分の心の問題です。恋人を束縛する前に、自分の心を顧みてみましょう

関連記事として、

モラハラ夫の特徴って?どうやって対処するのが良い?

プライドが高い人の特徴は?上手な付き合い方や心理について!

これらの記事も合わせてお読みください!