重い男の人の特徴は?マメな男は危険?上手く付き合っていくにはどうすればいい?

%e8%8a%b1%e6%9d%9f%e3%80%80%e7%94%b7

彼女にメールや電話をマメにして、いつも相手の事を思っていることがあからさまに分かる。
と、一見マメで一途な男性に見えてしまいますが、付き合うと彼女なしでは生きていけないくらい病的なまでに彼女に依存してしまう「重い男」。

真剣に彼女をこんなに愛しているのに、その気持ちが伝わらないのは「重い男」の度が過ぎる行動や考えが相手には理解されず、ただ単に「重い」と相手を疲れさせているのです。

重い男は誰と付き合っても同じで、相手に「重い」と思われるそうなので、もしかしかしたら何か問題や原因があるかもしれません!

重い男は基本的には真面目で誠実なので、付き合い方ひとつでうまく付き合う事もできますが、女性に対しての執着心もすごいので、間違ったことが起こらないようきちんとした対処が必要です。

今回は重い男の特徴と、彼の愛情に疲れないための上手な付き合い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

重い男の特徴とは?

%e7%94%b7%e6%80%a7

真面目で誠実だから浮気の心配もいらないけど、「重い」がついてくると交際を続けていくのがしんどくなってしまいますね。

彼女の普段の生活にも支障がでかねない、重い男の特徴を見てみましょう。

頻繁すぎる連絡

重い男の行動の中で一番に挙げられるのが「頻繁すぎる連絡」です。付き合い始めはマメで誠実な人だなと思われます。毎日かかさず連絡をしてくれるので「自分は愛されている」と感じることができますが、マメの度を越えて頻繁に連絡がくるようになってからは、その誠実と感じていた愛情を重いと相手は思ってしまいます。

女性に依存してしまう傾向がある重い男は、彼女の愛情をいつでも確認したい、彼女を自分から離すまいと頻繁すぎる連絡で束縛をしています。

こうした女性に依存してしまうタイプは、幼い頃に十分な愛情を母親からあたえられなかった事が原因と言われています。

ですので彼女に母親のような愛情を求めてしまい、いつでもあなたの存在を確かめたい、自分がした連絡に対していつでも返してほしいという感情から、連絡が頻繁になります。

彼女のプライベートも何もかも知りたいので、連絡がなければ「どうして返事くれないの?何かあった?怒ってる?」と何度もメールが入り、それでも返信がなければ催促のメールをしてくることもあるので、仕事中や友達と過ごしている時はゲンナリしてしまいますね。

気配りや気遣いが過剰すぎる

気配りや気遣いができる男性って紳士ですね!と思ってしまいますが、重い男の場合、過剰すぎることが相手をイライラさせたり疲れさせたりしています。

デートの行き先や食事をする時は必ず彼女の意見を求めて、デートに行っても「楽しい?疲れない?」と気を遣ったり、食事中でも「美味しい?まずいなら他いくよ?」いつでも相手の顔色を伺っているので、自分の意見を一切言わない彼に、彼女は一緒にデートや食事を楽しめず、その気遣いが重たく感じてしまいます。

また一緒に歩くときは必ず車道側に行ったり、荷物は全部持つなど彼女に過保護なところもあります。帰り道はどこまでもついていく、友達と出かけるとなる「その子は本当に友達?帰りは迎えにいくからね」と、自分は紳士的と思っているそうですが、すべて裏目になり彼女を困らせてることに気づきもしません。

デートプランも彼女任せ、どこに行っても気を遣ってばかりなので窮屈に感じてしまいます。

愛情表現がオーバーすぎる

ハート

日本人の多くは、やたら滅多に「愛している」という愛情表現をすることは少く、「好き」と言うだけでも恥ずかしい!という人はたくさんいます。

重い男はそれに反して愛情表現がオーバーで、1日に何回も、いつでもどこにいても「愛しているよ」とひつこい程に愛情表現をしてきます。

自分の愛情を受けてとめてほしいというより、愛情を押し付けているといった方が良いでしょう。何度も何度も愛情表現してくるのは自分の愛情を受け止めてくれているかと確認しているのでしょうが、本当に彼女自身を見ているかといえば違います。自分の愛情を受け取ってくれる人なら誰でもいいのです。

彼女に「愛してる」と伝えたことで、本人は自分の愛情を受け取ってくれていると思っているので、別れるとなっても、一度は自分の愛情を受けとった女性を忘れることはできません。

このタイプの場合、最悪ストーカーにまで発展してしまうこともありますので、別れる時は気をつけなければなりません。

強迫神経症!?まじめで几帳面すぎる

几帳面な男性は、身だしなみや身の周りもきちんとしていてとても良いイメージなのですが、重い男の場合、度を越えた几帳面さが目立ってしまいます。

部屋の中はもちろん、タンスや机の中までキレイに整頓されています。彼女が家にきて部屋の中の物が少しでもズレることを不快に感じることがあります。またスケジュール管理にしても几帳面な重い男は、彼女の予定もすべて把握したがります。彼女が彼と約束していない時でも「今日は予定はないよね?」と連絡をして確認します。

万が一、予定外に彼女が違う予定を立てたりなどすると、そこから詮索が始まり彼女は自由を奪われた気分になります。自分のすべてを支配されているのかと思うと、とても恐いですね!

こうした過剰なまでの度の超えた几帳面さは強迫神経症の疑いがあります。強迫神経症の人は自分の中でこだわりを持っている為、きっちりしないと気が済まない、相手にもその価値観を押し付けようとします。強迫神経症は几帳面だったり、完璧主義の人に多く見られます。

彼女の価値観は受け入れず、自分の価値観ばかりなので、彼女もそのうち逃げ出したくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

重い男と付き合って行くことは出来る?対処法は?

彼氏 好きすぎる

付き合ってみて初めて気づいた「重い男」ですが、重い男でも好きになった相手にはかわりまりません。あなたがもし今後も付き合って行く事に対して不安を感じているなら、すぐに距離をとった方が良いかもしれませんが、重い男の対処の仕方を知りたくはありませんか?付き合うまく付き合って行けば、彼の意外な一面も見れるかもしれません!

それでは重い男と付き合って行く為の対処法をご紹介していきます。

彼女も彼に対してきちんと愛情表現をしてあげる

重い男の彼女へのオーバーな愛情表現は自分がちゃんと愛されているかという不安が隠れている為です。幼い頃、母親の愛情不足により自分がいつもちゃんと愛されているかという確認のために相手に重いと感じるほどの愛情表現をしてしまうのです。

彼の愛情表現にあなたも「愛してるよ」と答えることで重い男は安心を得ます。

ですが「好き」は言えるけど、「愛してる」とはなかなか言いにくいものですよね。そんな時は彼の愛情表現をスキンシップなど答えて、自分もあなたを愛してると表現してみるものいいでしょう。

またデートの帰りで離ればなれになる時は重い男にとって一番不安な時ですので、「あなたも寂しいと思うけど、私も寂しいんだよ」、「次会えるのを楽しみにしてるから、その時まで頑張ろうね」と彼の気持ちに寄り添うように声をかけることで、彼の不安も軽くなるでしょう。

重い男に安心感を与えることで、オーバーな愛情表現はだんだんと少なくなってくるでしょう。

二人の約束事を決める

重い男は彼女にプレゼントするのが好きなので、彼女が喜びそうなものはなんでも与えようとします。時には高価なものもプレゼントしますが、ほとんどが重い男の自己満足なのです。

こちらも貰っていてばかりでは気を遣ってしまうし、記念日でもなんでもない日のプレゼントまで貰ってしまってはこちらも何かプレゼントしなきゃとプレッシャーに感じますよね。

ですがこの状態がずっと続けば、プレゼントはどんどん高額になっていき、物で縛られてしまう可能性もあるので、誕生日やクリスマスなど、イベント以外では受け取らないと同時に、彼にも、その事を話しましょう。

先ほども言いましたが、プレゼントをするのはあくまで重い男の自己満足で、ひとつの愛情表現でもあります。話をする時は彼の気持ちを傷付けないように「とっても嬉しいけど特別な日をもっと大事にしたいから、プレゼントは記念日だけにしようよ」と柔らかい口調で伝えましょう。

彼もあなたの望みを聞くことが出来て、記念日にプレゼントができる楽しみができるかもしれませんよ。

連絡が来る前にこちらから連絡してみる

重い男の一番嫌がられる原因でもある「頻繁すぎる連絡」。彼女が今何をしているのか気になり不安になって、メールや電話を頻繁にしてしまいます。

仕事中は電話に出ることもできないというこちらの都合は考えず、ただ不安に駆られて声が聞けるまで、電話をかけ続けますが、そうなっては仕事に支障も出てきてしまい、嫌気さえ覚えます。

重い男は彼女が何をしているのかが気になって仕方ないので、彼に前もって予定や仕事で連絡ができないことがあるという事を伝えておくことが大事です。繰り返し行うことで習慣になってくるので、今までのように頻繁に連絡をしてくる回数も減っていくでしょう。

自分のスケジュールを伝えたら、彼のスケジュールも聞いておくと、自分の事を彼女がちゃんと知っててくれてるという安心感を与えるので重い男の不安も解消されます。

プライベートを楽しむ為の理解をしてもらう

女子

女性に依存する傾向がある重い男は束縛も激しく、仕事の送り迎えから休日にかけて、ずっと一緒にいたがるので、窮屈な思いをして精神的に落ち着けないことも多いです。これではストレスも疲労も解消できません。たまには一人でのんびり過ごしたり、友達とおもいっきり遊んだりしてリフレッシュしたいものです。

そんな時は彼に予定を埋められる前に、予定を埋めてしまいましょう。

きっと、どんな用事?誰と会うの?と言われるかもしれませんが、とにかく予定が入っているのでその日はダメなんだと伝えてみてください。

いつも彼と過ごす事で重たいなぁと感じている人は、離れて過ごすことで自分の気持ちを確認することもできますし、これまでのイライラなどをリセットできるいい機会になります。

時にはクールを装ってみる

一緒にいない間、何をしていた?誰といた?もしかして浮気してない?僕のこと愛していないの?としつこく詮索してくるのも、重い男の特徴です。

しかし1から10まで毎回そのことに対して答えていては疲れてしまいます。

そういう場合はおもいきって聞き流しましょう。いちいち彼のいう事を真に受けていてはイライラするしストレスが溜まります。彼がひつこく愛してると言ってきた時でも「あーまた言ってる」くらいの気持ちで流してしまえば、あなたの負担も軽くすることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

愛しているが故に、過剰な愛情表現で相手に「重い」と思われてしまう重い男ですが、決して悪気があっての行動や言動ではないのです。

愛してるも何回も聞いていれば価値観がなくなってしまう気がしますが、オーバーな愛情表現こそが重い男の恋愛観。逆に言えばわかりやすい愛情表現なので、考えていることなどすぐにわかるのでは?

重いけど好きだから別れたくない方は是非、今回の記事を参考にしていただいて重い男を手の平で転がしてみるのもいいかもしれませんよ。