女子力アップの方法を紹介!持ち物や仕草への気遣いについて

美人

街中や雑誌やネット上には女子力という言葉があふれています。女子力の高い女性はモテそうだし、なんとなく憧れてはいるものの、イマイチ自分に自信がなく何をしたらいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

安心してください!女子力という言葉は人によって解釈方法が違うのです。オシャレ大好きなファッショニスタの男女にとっては、モードの服を着こなしハイヒールで颯爽と歩く女性が女子力が高いとみなされますが、インドア文化系男女にとっては、地味な服装でも編み物や料理が得意な女性が女子力が高いと思われるものです。

ここではさまざまな女子力を紹介しますので、あなたにあった女子力アップ方法を見つけてください。

スポンサーリンク

女子力の高い女性って?

女性

とっても便利な言葉である「女子力」ですが、あなたが思っている以上にいろいろな方向性があります。

外見編

まずは見た目における女子力です。女性向けファッション雑誌に載っているマニュアル的な女子力の高い服装といえば、パンツよりスカート派、髪はミディアム以上の長さで、服のカラーはパステルカラーやピンクを愛用。といったモデルが基本です。

確かにこういったスタイルは一般受けしますが、みんな同じように見えてつまらないと思う男性がいるのもまた真実です。華奢な女性がメンズライクの服を着ている姿にグッとくる、普段シンプルなショートヘアの女性が少しヘアアレンジをしたりするだけで、いつもと違う雰囲気にドキドキしてしまう、といったギャップで男性を萌えさせる演出も立派な女子力なのです。

マニュアル通りの女子力ではない、本当の女子力を身につけるためには、自分に似合うメイク、服装を知ることからはじめましょう。人はひとりひとり肌のトーンや骨格も違います。雑誌に載っているような服装があなたに似合うとは限らないのです。ファッションセンスに自信のない人は、とりあえず街の風景になじむことも目標にして、悪目立ちしない定番のフォルムと色柄を選ぶといいでしょう。どちらの方向性を目指しても、清潔感があることは必須条件です。

つぎに体型です。どんなに似合う服を着ていても、姿勢が悪かったり顔色が冴えない女性は女子力が高いとみなされません。極端なダイエットは必要ありませんが、健康的なボディを保つために、食事、睡眠、適度な運動には気をつかいましょう。

内面編

外見と違って、内面的な女子力はある程度共通しています。それは男女を問わない人間的な魅力とも通じるところも多いからです。思いつくままにあげてみましょう。

・ふんわりとした優しそうな雰囲気

精神的に安定していることは、相手を安心させます。何か不快なことを言われたとしても、ヒステリックに怒るのではなく、にっこり笑って相手をあしらえるような気持ちの余裕が必要です。そうはいっても人は天使ではないし、ストレスフルな現代社会でいつも穏やかな気持ちでいることは難しいときもあります。

そんなときは、とりあえず笑顔でいるよう心がけましょう。本当は楽しい気持ちでなくても、作り笑顔でいいのです。作り笑顔でもストレスがある程度発散できることは科学的にも証明されています。

・気配り上手

飲み会の席での料理の取り分け、職場での差し入れなどが気配り上手な例としてよくあげられますが、あざといと思われたり、やりすぎて引かれたりしやすい、やや難易度の高い項目です。から揚げに勝手にレモンをかけられるのを嫌がる人もいます。手作りのお菓子を配られるのを迷惑と思う人もいます。

自分では女子力と思っているつもりで、実は好意の押し売りだったなんてことにならないようくれぐれも場の空気を読むようにしましょう。

・家庭的である

家事が得意な女性は今も昔も普遍的にモテます。ひとり暮らしなら自分の生活をきちんと整えている人は好印象ですし、実家暮らしでも家事を親に任せっきりにしないようにしましょう。

家事の中でも、相手の胃袋をつかむ料理は特に重要なポイントです。女子会などで女子力をアピールするには、おしゃれなカタカナ料理やお菓子が作れる方がいいですが、男性受けする女子力は、普通の家庭料理、その中でもガッツリ系肉メニューが作れることです。豚のしょうが焼きや照り焼きチキン、牛すじの煮込みなど定食屋の人気メニューはマスターしておきたいものです。

冷蔵庫の残り物で手際よく一品二品作れることもポイントが高いですが、コンビニやスーパーのお惣菜を買ったときでも、ちゃんと器に盛り付ける、少し野菜を足すといった心遣いに女性らしさを感じる人も多いでしょう。

・女性らしい小物

男性があまり持ち歩いていなような小物類に女子力を感じる人は多いようです。絆創膏やソーイングセットなど、いざというときにサッと取り出せる人は一目おかれます。

しかし、意外とそのタイミングはないもので、いざ取り出したときに絆創膏がボロボロ、ソーイングセットは中身がぐしゃぐしゃといったことがないよう注意したいものです。

その他にも、ポケットティッシュを可愛いケースに入れる、折りたたみ傘を携帯する、ボールペンなど、ちょっとした小物でも可愛いものを選ぶといったきめ細やかさが女子力のアピールになるでしょう。もちろんバッグの中がきちんと整理整頓されていることが大前提です。

参考記事:「言葉遣い」から全てがはじまる。女子力アップの10の方法

スポンサーリンク

女子力をアップするには、どうすればいい?

美人女性

ここまで述べてきたように、女子力というのは、様々なアピールポイントがあります。すべてのツボを押さえるのは大変です。まずは、自分の得意分野を自己分析しましょう。そしてこれ位なら少し背伸びをすれば実現できそうだなと思うところから取り組んでいけばいいのです。

努力のモチベーションが上がりにくいときは、自分がこうなりたいと思う理想の女性像を思い浮かべましょう。二次元の人物でもOKです。漫画のヒロインは人々の理想と願望が存分にこめられているので、女子力の参考になることも多いでしょう。

自分を大切にする

女子力をアップするには、少し背伸びをすれば実現できそうなところから取り組むと書きましたが、この「少し背伸び」というところが重要です。理想を高く持ちすぎると、その理想に追いついていない自分はダメだという自己否定の感情が生まれます。自分のことをネガティブにとらえてしまうと、女子力に必要な女性らしい柔らかさやしなやかさが失われてしまいます。

あくまでも、自分の現状を認めたうえで、女子力アップのために頑張っている自分の向上心をほめることを忘れないようにしましょう。自分を好きになると女性であることをもっと楽しみたいと思うようになり、結果として女子力も着いてきます。

習慣化する

自分が伸ばしたいと思う女子力項目がある程度定まったら、それが習慣となり自然な言動になるまで続けましょう。ファッションなら毎月1点は女性らしいアイテムを買う、運動なら毎日5分ストレッチをする、料理なら週に何回かは自分でお弁当を作るといった具体的な目標を決めると実行しやすいです。

習慣になっていないことは、どうしても肩に力が入った印象になってしまいます。最初は気合を入れて頑張って取り組んでいたことが、いつしか自然に当たり前のようにできるようになったときこそ、真の女子力を身につけたといえるでしょう。

参考記事:女子力診断! あなたの女子力をアップさせる方法とアイテム♡

スポンサーリンク

女子力アップのためにやってはいけないこと

綺麗 女性

では、逆に女子力アップのためのNG行動はなんでしょうか。

どうせ私なんかと開き直る

デビューしたときは地味だったアイドルや芸能人が、数年後にずいぶんとあか抜けて見えることがあります。美容整形という手を使っている芸能人もいるかもしれませんが、多くは人に見られることに慣れ、実績を積んできたことによる自信が彼らを堂々と可愛くカッコよくさせているのです。

どんな女性も磨けばそれなりに光ります。どうせ私なんかと自分で自分の成長をあきらめないようにしたいものです。

SNSに頻繁に写真をアップする

行った場所、作ったもの、会った人など頻繁にSNSで自分のリア充っぷりをアピールする人がいますが、本当に現状に満足している人は、そこまで強く他人に認めてもらおうと思わないものです。自分を見てほしい、リアクションしてほしいという投稿をしすぎない奥ゆかしさも立派な女子力のひとつです。

また、SNSには他人と自分を比べて落ち込んでしまうリスクもあります。自分の更新は週に1回から月に数回程度にとどめて、人のページをだらだらと見るのも止めましょう。その時間を自分磨きに使ったほうが有効です。

お母さんになってしまう

気配りや家庭的な言動もやりすぎると、お母さんになってしまい男性から恋愛対象として見てもらえない可能性もあります。大阪のおばちゃんが常に飴を持ち歩いているという話は有名ですが、会う人会う人に毎回飴を配っているとただの世話好きな人になってしまいます。

相手がちょっと疲れていそうだと思ったときなど、ポイントを押さえてそっと飴なりコーヒーなりを差し出すくらいのバランスがちょうどよいのです。

スポンサーリンク

 まとめ

女子力は、人によって解釈やアピールポイントが違う便利な言葉だということがわかりました。今まで、自分は女子力が低いと思っていた人も、何かひとつでも得意そうなポイントを見つけて磨くことで、女子力をアップしていくことができます。まずは、自己分析から始めてみましょう。

あれもこれもと頑張りすぎる必要はありません。あなたの無理のない範囲で続けられるものが見つかると、今よりもっと魅力的な女性になれるはずです。

スポンサーリンク

フォローする