外国人の彼氏がいるメリットは?デメリットと付き合う方法を紹介!

女子同士で集まった時に、盛り上がるのはやはり恋愛の話ですね。そんな中でも彼氏がいる人は彼氏の愚痴や自慢話で盛り上がったりしませんか?
そんな時、彼氏が外国人だったら、周りから質問攻めですね。「どうやって知り合ったの?」から始まり「コミュニケーションの方法」など等、ちょっと自慢っぽい話になりますよね。
スポンサーリンク

 彼氏が外国人なら自慢!そんな時、注意する事はある?

カップル3
外国人なら普段のスキンシップも日本の男性よりは大胆なことも多く、映画で見るようなロマンチックな演出も多いかも!なんて思っている人もいるでしょう。今は誰もが自由に外国に旅行や留学、そして就職と日本から飛び立ち世界で頑張ることができる時代です。そうすればおのずとその先でいろんな人と出会い、恋におちることがあるでしょう。
しかし、外国人だからよく分からないとすませていると、とんでもないことになる場合もあるのです。そんな注意すべきことも合わせてご紹介しましょう。
スポンサーリンク

 外国人の男性が日本人女性に求めるものは?

カップル1

外国の男性が日本の女性に何を求めているのか、または日本で暮らす外国の男性が日本女性のどんなところに惹かれるのか?をご紹介しましょう。 

自立しているタイプの女性

いわゆる男性より1歩下がってという女性は求められていません。特にキャリア志向の男性にとっては、同じ様に向上心があって自分の意見を持ってちゃんと発言出来る女性を求めている人が多いです。
英語圏の男性ならば男性と同じような責任感を問われることが多いので、日本社会でよくあるような、失敗した後での「女の子だから仕方ないね」「いいよ、いいよ。後はやっておくよ」なんてことはありません。
男性社員が上司にガミガミ怒られているのを見る光景があると思いますが、それと同じ様に女性も怒られるのです。そういう社会の中でいかに頑張っているのか?ということを問われます。
フランスなどではパーティなどで政治について議論することも多いようです。その際、自分の考えをキチンと伝えることができないと和に入ることが出来なくなってしまいます。人と同じかどうかを聞いているのではなく、「この人はどういう考えをもっているのか」ということが大切なのです。
そしてその際、違う考えがあるということを理解しておくことも大切です。自分と同じじゃないからダメ!ということはありません。そんな意見交換で、お互いに刺激しあって成長するというのをのぞまれることが多いです。

大和撫子タイプの女性

上記とは真逆で、日本女性のおしとやかな面を望んでいる男性もいます。海外では女性も男性と同じ様に責任感を持ち働いている人が多いのですが、そんな時に、ライバルというより癒しの対象を日本女性に求めていたりします。
日本女性はおしとやかで、自己主張が少ないと思われていますので、そういう女性を求めている男性がいることもあります。
以上のことを踏まえて、好きになった外国人男性がどちらのタイプの女性を求めているのかを見極めるようにしましょう。
スポンサーリンク

外国人と出会う・知り合う方法は?

旅行

皆、どんなところでどんな風に外国人と知り合っているのでしょう?

一般的によくあるのは、留学先や、相手が日本に留学しているというタイプや、仕事で日本に滞在しているという事が多いでしょう。知らない土地では言葉以外でも分からないことが多く、不安になったりしますね。そんな時に助けてくれたり、アドバイスをしたり・されたりで仲良くなっていくパターンが多いでしょう。
いきなり二人きりでというのは難しいかもしれませんが、友達と一緒に…、ホームパーティに招待するなど、複数の人と一緒に仲良くなり、その仲介役をすることで、信頼へつながるという方法もあるでしょう。
またあなたが海外にいった時などは、いくら素敵な男性だとしても、知り合って間もない時に相手の自宅へ遊びにいくのは控えましょう。そういう誘いがあった時は状況を考えて判断しましょう。
それは日本にいても同じですが、今はいろんな危険なことがある時代です。自分の身は自分で守るように心がけましょう。
その他、外国人がよく集まる場所へ出掛けるという手段もあります。ただ、その場合は相手も遊びモードでいるために、その時だけのお付き合いになりかねません。もちろん仲良くなるためですので、楽しい時間を過ごすにはもってこいですが、雰囲気や周りに流されて、後で悲しい思いをすることの無いように注意しましょうね。 

言葉の壁はどう乗り越えているの?

学校の授業ではチンプンカンプンでも、好きな人の言葉なら頑張って理解しようとしますね。話そうと努力するし、よく使う言葉は覚えてしまいますね。始めがぎこちなくても、お互いに分かり合おうとすれば簡単な日常会話くらいはすぐに上達するでしょう。
ただ、喧嘩した時など感情的になった時は早口になりますし、相手のことより、自分の気持ちが優先になったときは理解しにくいかもしれません。しかしそういう時は暴言を吐いたりするので「かえって、言葉がわからないくらいのほうがいい」という意見もあります。
簡単な日常会話ができるようになったからと安心していると、もっと流暢に話せる人が現れてその人も恋愛感情を持っていたとしたら…。安心は禁物ですので、できるならば新聞に書かれているようなことは読めるように努力しましょう。努力している貴方を愛おしく思ってくれるかもしれませんね。
スポンサーリンク

外国人の男性とお付き合いする上でのメリットは!

カップル2

こんな事があるから外国人との交際はやめられない!

甘く大胆な愛情表現

日本男子は絶対に言わないであろう、自分の彼女を人前で褒めちぎるということがあります。「こんなに美しい僕の彼女」「誰よりも美しい」「今日もセクシーだ」など等、二人きりの時もそうですが、友達の前でも言ってくれるのは嬉しい反面、恥ずかしいこともあるくらいです。
メールでは、「いつも美しい君へ」から始まったりと愛されているのを常に感じます。しかし、そんな風にいつも言ってくれていると、日本人男性では物足りなくなってしまうかもしれません。

いつもレディファースト

ドアは先に開けて押さえてくれる、エレベーターは先に降ろしてくれる、椅子を引いて座りやすくしてくれる…そんなことをサラりとしてもらえたら、お姫さま気分を味わえるでしょう。
文化の違いだとわかっていても、そういうことをされると大切にしてもらえてると感じますね。

彼の母国語が上達する

言葉の壁でもご紹介しましたが、好き同士ならお互いの気持ちをなんとか分かろうとするものです。頑張っているつもりはなくても日々上達するでしょう。今は携帯でメールのやり取りもできるので、文章も基本的なことは覚えるのが早いでしょう。
スポンサーリンク

外国人の彼氏とお付き合いする上でのデメリット!

怒る男性

いいことばかりではない外国人との交際!これだけは覚悟しておきましょう。

言葉の壁で上手くコミュニケーションがとれない

日常会話はなんとかスムーズに話せるようになっても、付き合いが長くなると、もっといろんなことを話し合う機会も増えるでしょう。日本語が同じ意味でも言い回しが違ったりすることで、逆にそれを相手の母国語に当てはめようとすると言葉がみつからないこともあります。そんなことで、自分の繊細な気持ちを上手く伝えられずにイライラしたりしてお互いがギクシャクすることもあるでしょう。
日本人同士なら、「どうしてわかってくれないの?」で済むことが、外国人なら分からなくて当たり前ですから、そんなセリフは禁句です。「分かってもらえるように」話さないといけないのです。

文化の違いを埋められない

言葉はなんとかなっても、今まで育ってきた文化の違いでギクシャクすることがあります。どちらかの文化にすべて合わせてしまうのはムリなことと理解・妥協しないと難しいこともあります。
たとえば、クリスマスは日本ではカップルたちのイベント感がありますが、国によっては家族と一緒に過ごすものと思っているところもあります。
なので、一緒に過ごしていても、夜は家族と一緒に…と相手の家に招かれたりして、ロマンチックな夜とはいかないかもしれません。
個々を尊重しているといっても、家族のつながりとても大切にする人が多いのは事実です。映画なんかでも、パーティのときに恋人を紹介している風景をよくみませんか?そしてそんな時に質問攻めにあってしまうのです。恋人との会話はなんとかなっても、相手のご家族との会話がしどろもどろでは和に溶け込めなくなりますね。

家族に理解を得られない

外国人とお付き合いをするということは、相手の母国へ行くことが増えてしまうかも…。もしかしたらそのまま帰ってこなくなるかも…とご家族がいろいろと心配して交際事態を反対するかもしれません。
相手の人うんぬんというわけではないのですが、やはり心配・不安なことが増えてしまうのでしょう。ご家族から反対されてしまったら、お付き合いを続けることは難しくなるかもしれません。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?カッコいい彼氏に憧れて…というだけで外国人に目移りをしていると、現実は意外と厳しいことが多いかもしれません。しかし好きになってしまったのなら、お互いを理解し、相手を思いやることで上手くいくことも多くあるでしょう。
今までは考えることの無かった相手の国の事情や、国際的なことなど、視野も広がるかもしれません。今までの環境では生かせることができなかった貴方自身の才能が発揮できるようになるかもしれません。
そんな良いことばかりではありませんが、視点が変わると自分自身も大きく成長できるかもしれません。恋愛を通して自身をステップアップできればいいですね。
スポンサーリンク

フォローする