長続きするカップルの特徴!秘訣は何なの?

holding-hands-1149411_960_720

恋愛とは人生において切っても切れない重要な経験ですよね。相手のことを想って何かをしたり、成し遂げたりするよい経験となり、一生を一緒に過ごす大事なパートナーを探したりと人生には欠かせないモノです。

出来ることならば「ずっと一緒にいたい」、「歳をとってもラブラブでいたい」、「子どもが3人欲しい」などの希望とともにパートナーとの関係を築いていきたいものです。

「今まで3カ月以上付き合いが続いたことがない…」

しかし、これは最近よく耳にするカップルの深刻な悩みです。何故続かないのでしょうか?また、高校時代から付き合って結婚するカップル達のように長続きするカップルとはどこが違うのでしょうか?長続きするカップルのリアル実態に覗いてみましょう!

スポンサーリンク

カップルの長続きの秘訣とは?!

old-people-616718_960_720

長続きしているカップルのほとんどが「特に何もしていない」と答えました。…あれ?って思いませんか?何もしていないのなら続かないカップルも一緒じゃないの…と。

そんな「特に何もしていない」の中身とは一体何なんでしょうか?

「相性がいいから」は間違い?

最初から相性がいいカップルはほとんどいないようです。そもそも相性とはどういった概念なのでしょうか?

それぞれ育った環境や家族構成が異なり、すべてが一致することは難しいですよね。相性がいいカップルというのは相手の気持ちをお互いが尊重、考慮して接している場合が多いようです。そうすることで思いやりが相手にも届き、その思いやりが自分にも返ってくるので長く一緒にいても相手を尊敬しあえる関係が成り立つのです。

こまめに連絡をとりすぎるのはNG?

カップルにとって毎日のコミュニケーションは欠かせませんが、必要以上の連絡は実は相手にとってはマイナスなんです。

確かにたくさん会話をしたい気持ちは分かりますが、相手には相手の仕事などの生活があるのでリズムを崩してしまうといい気分ではありませんよね。また、「信用されていないのかも…」とネガティブな発想にもつながりがちなんです。

「おはよう」などの挨拶や今日何をする、何をしたなどの連絡にとどめておく方が無難なようです。もちろん、カップルならではのやり取りはプラスですよ!

束縛は絶対NG!

好きすぎて束縛してしまう…

そんな感情は誰しもが持っていますよね。確かに相手が何をしているのか逐一把握しておくことは自身の安心に繋がるかもしれません。しかし、相手からすると窮屈な生活になってしまい、いい加減開放されたいと願ってしまうもの。これでは長続きするハズがありませんよね。

相手を想って束縛したつもりが、なんとも悲しい結末になってしまうのはなんとしても避けたいところです。

すぐにケンカしてしまう

これはどう見てもNGな行為ですよね。お互いがお互いのことを思いやれていない証拠なのだとか。恋人同士にケンカは付き物ですがあまりに多い場合は冷静になって話し合いをしてみてください。

きっと相手が伝えたかったことや、自分が伝えたかったことがより良い形で伝わるハズです。怒りまかせは人間同士ではやってはいけないNG行動ですよ。

参考記事:長続きするカップルの特徴。愛が深まる会話など「12の秘訣」

スポンサーリンク

長続きカップルはどうしているの?

ついついやってしまいがちなNG行動あるあるを紹介しました。確かに身の周りの別れたり険悪なムードなカップルからもよく聞く愚痴にもある出来事ですよね。

そうならないためにも知りたいのは、長続きカップルとは具体的にどういう風に恋人と向かい合っているのでしょうか?その違いを紐解いていきましょう。

相手の気持ちや考えを尊重

まずは、相手の話を親身になって聞くことが必要だそうです。

なぜなら、相手が今そのような気持ちでどのような状況に置かれているのかを把握することで相手の立場に立って対等に会話できるからだそう。もちろん、相手ばかりを尊重するのではなく間違っていることは間違っているとハッキリと伝えることで相手の印象も「この人ならきちんと話を聞いてくれるし、アドバイスをくれるから大切な人」となり、相手も同じように親身になって会話をし、尊重し合える仲に◎

普段から素直な気持ちで

人間関係でどうしても必要なのが「信頼」ですよね。もちろん、恋人同士にも重要なモノなんです。

普段から相手に心を開き、素直に接することでお互いの空気が和みます。そうすることでいつまでも日常で我慢しすぎないストレスフリーな関係を築くことができ、自分にとっても相手にとっても呼吸のように重要な人物になっていくそうです。心を開くことで不思議と人間関係も深まっていくんですね。

自分の時間を作る

恋人に依存しすぎてしまうとどうしても束縛し合う関係になってしまうことも。

「束縛関係」ではなく、「恋人関係」を目指すためにはお互いが自分の時間を作ることが重要なのだとか。そうすることで、相手に依存しすぎないより良い関係を築くことができ、自尊心も養われることから自身の成長にも繋がるんです。

スポンサーリンク

まずはどうすればいいの?

カップル

分かってはいるけれどキツく当たってしまう場合もありますよね。それにモヤモヤしてしまいまた素直とは程遠い結果になってしまうことも…。

そんな悲しい結果を避けるためにする行動をまとめてみました。長続きするカップルとしないカップルには次のポイントが大きく違うんだそう。

自分を見直す

いま現在の自分を改めて見つめ直してみるのだとか。たとえば連絡をこまめに取りすぎているや束縛になってしまっているなどとダメな点を見つけることで、まずは相手の気持ちに寄り添うことを目指すのだそう。

確かに今の自分の行動を改めることで相手にもより良いイメージを持ってもらうことで、恋人関係の存続に繋がりますよね。悪い点を見直すことは今後ずっと繰り返すことが大切だそうですよ。

相手の気持ちを見極める

いま相手がどのような気分なのかを見極める力が大事なのだそう。恋人同士ならばやはり気持ちに同調して欲しいものですよね。そんな気持ちを大事にするために必要な能力なのだとか。

もちろん、顔色を伺うという意味ではなく、「何かあった?」という一言があるだけで気持ちがほころぶモノ。恋人から気付いてしてくれるその気遣いはやはり嬉しいモノですよね。

笑顔を絶やさない

人間は笑顔のときに怒るといのは極めて困難ですよね。もちろん、喜怒哀楽は必要ですが、可能であればずっと笑顔で気持ちよく過ごしたいモノ。恋人と同じ空間にいるときはスマホやテレビなどに没頭するのではなく、なるべく談笑したりするなどしてお互いに笑顔を絶やさない関係がベストだそう。

確かに笑顔で接する相手に悪い印象はないですよね。

スポンサーリンク

ベストな関係を長続きさせるには?

ただただ恋人関係を長続きさせるだけでは、2人での未来を想像できずに結局は関係が破たんしてしまうモノ。それなら無駄な時間を過ごすだけで意味がありませんよね。

では、そうすればベストな関係でのカップルになれるのでしょうか?

無理のない距離

片方が過干渉気味だと、どうしても相手からすると束縛気味に感じてしまったり重いと思ってしまうそう。そこでベストな関係では適切な「距離」が重要なんです。この距離が短すぎると依存してしまったりするのでマイナスな関係に。

その距離とはカップルにとって様々な距離があるようで、その距離感をつかめたときはベストな関係が築けているモノだそう。相手の気持ちを理解しているからこそできる距離なんですね。

共通の会話ができる

普段はお互いが違う生活を送っていても、会話では統一したいところ。もちろん、相手の世界での話を聞く時間も貴重ですが、どちらかが交代しながら聞き手に回るだけでは盛り上がりもそこか煮え切らないですよね。そこで共通の会話が必要になってくるのだそう。最初から趣味が同じカップルではその趣味の会話やイベント情報の共有などがベストなのだそう。

共通の趣味がないカップルには、2人で無理のないスポーツを始めたりやショッピングなどのおでかけなどがオススメです。お互いが経験のないスポーツを新たに始めるとグッズを揃えたり、ペアルックできたりとカップルらしいことができると評判です。ショッピングでは相手の服装や食べ物の好みが新たに発見できたりすると会話の幅が広がるんです。

愛を伝えあえる仲

実はコレが一番必要との声が多かった「愛を伝えあえる仲」であること。

恥ずかしくてついつい敬遠しがちですが、ストレートに愛を伝えることで長続きできるんだそう。「愛してる」や「好きだよ」とたまにボソっとでもいいから伝えてみて。

きっと相手も同じように愛を伝えてくれるハズです。回数はそれほど多くなくても1日1回言ってくれるだけで幸福度があがること間違いナシです◎素直にハッキリと伝えることができるとより幸せを感じますよ。

自分の空間を与えてくれる

誰にだって言いたくないことや、入ってこられたくない領域はありますよね。それは恋人同士でも同じことなんです。自分だけの領域や空間を上手に保つことができる関係であれば、窮屈さやストレスをさほど感じずに共存できるので、長く一緒に居続けることが可能なんだとか。

もちろん、ほったらかしにするのではなく、あくまで自分ひとりの時間も尊重するというのがポイントですよ。

参考記事:恋愛が長続きする10の方法

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?長続きするカップルとしないカップルでは意外と差があることが分かりました。

長続きしないカップルに共通することは「相手の気持ちよりも自分の気持ちを優先してしまう」ことにあるかと思います。しかし、長続きするカップルは「相手を想って、尊重しあえる仲」でしたね。カンタンそうで意外と難しい相手の気持ち。それを把握するためには普段からのコミュニケーションの取り方や尊重した態度などからも相手から必要とされていましたね。

何かとすれ違いがちな忙しい時代ですが、「思いやり」という根本的なあなたの優しさによって長続きするかどうかが決まるのです。

ぜひ参考にして今からの恋愛、恋人関係に活かしてみてくださいね!