付き合う意味って何?友達との違いや欲求部分を紹介!

皆さんは好きな人や気になる人なんて身近にいますか?片思いしていると、常に想ってしまったり、いずれはアノ人と付き合いたい!と意気込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。付き合ったら、ショッピングや食事などデートしたいなぁ、などと妄想をしているのかもしれません。

そこで「付き合う」とは何なのでしょうか?実際に付き合うことで2人の人間関係はとても近くなります。しかし、結婚後の夫婦の関係とは異なる距離感ですよね。「付き合う」とは距離感だけでなく、何か他にも意味があるのでしょうか?今回は「付き合う意味」について考えていきましょう!

スポンサーリンク

付き合うの「定義」

まずは「付き合う」という状況はどうすることによって生まれるのでしょうか?付き合うといっても自分独りではできることではありませんよね。お相手の方がいらっしゃって初めて成り立つ関係です。そんな人と人との関係を変化させるような「付き合う」の定義とは一体何なのでしょうか?

両想いであること

大前提としては、お互いがお互いのことを想いあっている、両想いな関係であることが重要です。独りよがりな関係であっては、付き合っている関係とは言えないんだそう。お相手のことを想って、お相手の方からも好かれている状況こそが「付き合う」と言える関係なんです。

確かに、片思いのお相手や人気のあるアイドルなどの有名人のことをどんなに好きになっても、相手が自分のことを見てくれていなければ恋愛に至ることもありませんし、ましてや付き合っているといえるような関係にもなることは不可能ですよね。一方通行な感情ではなく、双方の感情が通いあっている状況が必要なんです。

お互いがキモチを伝える

両想いであることは、お互いの雰囲気であったり、周りからのアドバイスやウワサなどで自覚することになりますよね。自覚はできても、お互いのキモチを心の中に秘めておくだけでなく、お相手にキモチをきちんと伝えることで「付き合う」ことができるんです。

確かに、人間は両想いではなく、片思いの方からキモチを伝えて、お相手に理解されることができれば「付き合う」ことは可能ですよね。時にはフラれてしまうこともあります。そうなると次の恋愛にチャレンジするのか、もう一度アタックを試みるかですよね。お互いのキモチが通じることで、付き合うといった恋愛の関係を進めることができますよね。

周りから認められる

自分たちが自覚、キモチの共有をするのは最も大事なことですが、周りからの関係の容認も最も大切なことなんだとか。周りからも認められることでより深い関係を築くことができるのも事実ですよね。普通に過ごしているだけでも、周りから憧れるようなカップルはまさに理想的ですよね。

周りから認められるカップルになるためには、もちろん仲の良さが秘訣ですよね。上辺だけの関係であれば、最初こそ上手くいっているカップルとして思われていてもだんだんとほころびが生じ始めて周りの友達ともギクシャクしてしまうことも。そうならないためにも、お互いの関係を深める付き合いを意識しなければなりません。

スポンサーリンク

「友達」と「付き合った人」との差

キモチが通じる人間関係とは、恋愛に至ったカップルだけでなく、家族や友達などとの関係もありますよね。笑顔が絶えない関係は素晴らしく、誰もが欲するモノでもあるかと思います。

例えそれが異性であってもステキな友達や同僚など同士のような関係はあるモノですよね。そんな友達と付き合った時の恋愛の関係の差とは何なのでしょうか?実際に考えてみましょう!

安心感や信頼感の程度の違い

友達や家族、もちろん恋人関係にしても人間関係にとってすごく重要なのは、相手との居心地の良さですよね。一方的なモノではなく、キモチが通うことで得られるモノでもあります。そんな心地よさに繋がる要素には、安心感や信頼感があります。友達などにでも相談することや弱音を吐くには安心していなければ出来ませんよね。もちろん、相手のことを信じていなければ自分から声をかけるのも戸惑う場合もあることでしょう。

そんな友達や家族との間に生じる安心感と信頼感よりも深い感情を育てたいと特定の異性へキモチを抱くことこそが、その人への好意が表れている証拠なんだそう。自分では気付かないうちに感情を秘めている場合もあるんだとか。「この人に寄り添いたい」など心を開きたいと思ったときにはアタックチャンスなのかもしれません。

特別な時間を過ごしたい

大勢の友達と遊んで過ごすことは本当に幸せな時間ですよね。時にはケンカをしてしまったりもしますが、その度に仲が深まるのも友達のいいところです。一方、恋人へ求める「時間の過ごし方」とは何なのでしょうか?一般的に友達と遊ぶときと、恋人とのデートは全くの別物ですよね。だからと言って、遊びに行く「場所」は意外と一緒だったりするモノです。

そう、違いは「場所」なのではなく、過ごす「時間」なんです。時間の過ごし方が違うだけで、気分も雰囲気も全く異なるモノになります。友達も好きだから遊ぶのですが、あくまで娯楽ですよね。恋人とは一緒にいるだけで「特別な時間」になるモノなんだとか。そんな時間を過ごしたいと思えるからこそ付き合いたいと思える好きな人なんですね。

好意による本能的な衝動がある

ドラマなどでも、なんともロマンティックなシーンってありますよね。恋人どうしのキスシーンや青春などの輝かしいシーンなど様々です。そんなシーンに共通するのは、決して友達とはし得ないことをしているということです。例えばキスやハグなど恋人とのみすることがありますよね。そんな風に触れ合いたい、求め合いたいと思えるキモチがあれば友達とは全く異なる関係である、恋愛関係に至りたいと思うことになります。

下心がある場合を除いて、単純にその人のことが気になり、好きになることで付き合いを意識するようになり、想いを伝えることにより同意が得られれば恋人関係に発展するモノですよね。そんな心も身体も想いがあるとお相手への衝動が生じるのです。

スポンサーリンク

「付き合う」に特に注意する3つのポイント

付き合っただけでは意味がない・・・そう思いませんか?付き合う意味に最も重要なモノのひとつは付き合ってから「すること」ですよね。デートはもちろん、毎日のコミュニケーションも忘れられない大事なことです。そんな付き合ってからの思い出作りにも重要な注意点をみてみましょう!

連絡の取りすぎはNG!

好きな感情が芽生えるとどうしてもしたくなるのが連絡ですよね。今どこで何をしているのかを確認したくなったりもしますよね。しかし、いくら恋愛関係に至っていてもお互いには別々の生活がある中で、あまりにもしつこい連絡はかえって重荷になってしまいます。お互いが心地よい頻度での連絡であれば大丈夫なのですが、一方的な押しつけがましいとも取れるような連絡は避けるようにしましょう。

もちろん、カップルによっては毎日連絡を取ることが生きがいになっているかもしれません。お互いに認め合っている許容範囲内であればそれはステキな関係なので、周りから「毎日、連絡するなんて・・・」と言われてしまっても気にすることはありません。

結婚を意識しすぎる

みんなが理想を抱く結婚。小さい頃からの両親や家族の理想像など自然と構築されていくモノですよね。そんな輝かしい未来を想像させる「結婚」ですが、付き合ってスグに結婚を意識するのはNGなんだとか。

人によっては「結婚を前提に」お付き合いを始められた方もいらっしゃると思います。しかし、そうでない方であれば一方が勝手に結婚を意識してしまうことで、どうも重いと感じられてしまったり、責任の重圧から素直に恋愛を楽しむことができないんだとか。もちろん、共に過ごしてゆく時間の中で自然と結婚を意識するようならば、お互いが適切な時期に結婚することができるでしょう。無責任だから意識しないのではなく、責任を意識し始めたときこそが、来るべき時なのです。

毎日会わないと気が済まない

高校生などの学生時代の恋愛は、学校がある限りはほぼ毎日会うことが出来ましたよね。授業の移動時間や休み時間などに見かけてはドキドキするなど初々しい体験もあるかと思います。しかし、社会人ともなると仕事に追われいつしかプライベートな時間も周りと誤差が生じ始めるモノですよね。会社によっては始業時間や休暇制度などにバラツキがあるのでそれは仕方ないことであり、臨機応変に対応しなければならない問題です。

中には毎日一緒にいたり、会わないと気が済まないといった方もいらっしゃいますよね。しかし、それは現実的に難しい問題です。普段の休暇などでタイミングが合えばその時は晴れてデートすることができることでしょう。毎日ともなると自分の時間がなくなってしまい、人間らしい余裕もなくなり、関係の解消を加速させてしまう要因になるんです。好きだから会いたいハズなのに悲しいですよね。お相手のことを想っているならば、想っていうからこその思いやりでふさわしい頻度で会うように心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?最近では付き合ったり別れたりを多く繰り返す人もいて、SNSなどで気軽に発信も出来るようになった中で「付き合う」という行為の定義が揺るがされていると感じている方は少なくありませんよね。定義が曖昧になりがちなのは、人と人の感情が主に占めているからだと思われます。

あまり付き合う意味を突き詰めるかのような恋愛関係は上手くいきません。自分の中に付き合う意味を求める以上は自分自身も意味を提供しなければならないことを忘れないで下さいね。そうすることでお互いに意味を見出すことができ、自分たちのカップルのカタチを形成できるモノなのではないでしょうか?

ぜひとも今日から前に進むためにもカップルのビジョンを整えていってくださいね!

スポンサーリンク

フォローする