魅力的な女性とは?なるためには何が必要かを紹介!

貴方の周りに魅力的な女性はいますか?「魅力的」ってたとえばどのような人をいうのでしょう?それに女性と男性とでは意外と「魅力的」な意味合いが違っているかもしれませんね。今回は双方から見た「魅力的な女性」についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

女性から見て魅力的な女性とは

女性2

魅力的といってもいろいろありますね。具体的にどういう人をさしているのでしょう?

顔・スタイルがいい人

女性は憧れの対象を「魅力的」と例えることがあります。ルックスがいいことは魅力的な要因の一つですね。人はまず第一印象でその人を判断するといいますので、見た目がいいというのは大きな武器になるでしょう。

元々が美形でなくても、メイクやヘアースタイルを工夫することで、キレイなイメージを演出している人っていますね。その人に合ったメイクやファッションをしていることや、ダイエットや筋トレでしなやかなラインに整えてスタイルをキープするのも魅力的と言われる要因の一つでしょう。

努力しだいで見た目も変えられるので、いくらキレイでも手を抜き過ぎていると魅力的とは言えないかもしれません。艶の無い肌、手入れのなさそうな髪、ささくれが多い指先など、女性は同性の細かいところまでチェックしていますよ。

TPOをわきまえている人

どんなに美しくても、TPOをわきまえず自分勝手な振る舞いをしている女性は魅力的とは言えません。ビジネスの場であったり、冠婚葬祭などでもその場に合わせた装いと振る舞いが出来る女性は同性からの評価は高いでしょう。

招待された結婚式に白いドレスで現れたり、アウトドアでの遊びの時にハイヒールで現れて何も手伝わなかったり、あきらかに他の人が主役だというような時に自分が自分が~と目立とうとする人は、どんなに美しくでも周りからは白い目でみられてしまいます。

自立している人

経済的にも精神的にも自立している人は、誰かに過剰に媚びたり、甘えたりすることが少ないのではないでしょうか?精神的に自立するのは難しいことですが、親や彼・パートナーの意見に従うだけではなく、自分の意見を言えるのは大切なことです。

自分の意見を言うということは、情報を整理して情勢を理解していないと難しいことなのです。それに自身の体験が伴っていれば皆が意見を求めるようになるでしょう。第三者の目で自分を見ることができる人は魅力的ですね。

誰に対しても平等な人

自分の立場に甘えず、弱い立場の人にも優しく接することができたり、困っている人がいたらそっと手助けができたり、上司が相手だからと必要以上に下手に出たりしない女性は周りからすると清々しく憧れの対象になりますね。

これも中々できることではないですが、そういう人は頼れる存在です。ちょっと姉御肌的な人ともいえるかもしれませんね。

さりげない気遣いができる人

ちょっとした事に気がつき、嫌みが無い程度に気遣いができるのは難しいことです。それを誰に対しても…というのは常に周りに気を配っていることですし疲れます。損得で物事を考えずに行動できる女性って素敵ですね。

仕事で困った時にさっと手助けしてくれたり、忙しい時はコピーひとつでも時間がかかってイライラしがちです。そんな時に何部必要なのか?を言わなくても気がつけばすでにコピーを済ませていたりすると「さすが!」と思ってしまいます。

スポンサーリンク

男性から見た魅力的な女性とは

女性4

女らしい柔らかい雰囲気を醸し出している人

女性からみたスタイルのいい女性というのは、細くて華奢なタイプですが、男性が思うスタイルのいい女性は少し違います。もちろん華奢なタイプが好きな男性もいますが、柔らかく優しさを感じるという意味でもう少し丸みがあるタイプのほうがいいようです。そういう意味では多少の色気があるというのも魅力があるといえるでしょう。

スタイル以外では、持ち物でもガチガチの堅いイメージのキャリアウーマンより淡い色の服やハンカチなどの雰囲気をまとっている女性を「魅力的」ととらえる人が多いです。

また、優しい香りに惹かれる人が多いのか、香りがある柔軟剤が売れているのも分かりますね。

笑顔2

笑顔が素敵な人

女性同士では笑顔には関心がありませんが、男性は違います。彼らは女性の笑顔が大好きなのです。何か話しかけた時に笑顔で応えてくれる女性に男性は惹かれます。全然愛想のない人と仲良くなりたいと思う人がいないように、笑顔が嫌いな人はいませんね。笑顔で接してくれる人には話しかけやすいので、男性を魅了するもののひとつではないでしょうか。

そしていつも笑顔でいる人は心も穏やかでいることが多いものです。その穏やかさに惹かれるのでしょう。笑顔はその場の雰囲気や周りをも明るくしてくれます。ご自身が普段どんな笑顔をしているのか、確認しておきましょう。

礼儀正しい・作法を心得ている人

普段はざっくばらんな話し方をしていても、その場に応じた礼儀をわきまえている女性に「どきっ」とするようです。学生ならいざ知らず、社会人にもなれば目上の方、取引先、同僚など、同じ状況でも話し方や動作も違います。それが自然にできる人には安心と信頼が芽生えます。「この人に任せていれば安心だ」と思われたら素敵だと思いませんか?

そういうことは、すぐに身につくことではありませんが、日々の心使いで養っていくものです。見本になる人がいれば、観察しておきましょう。

仕草がしなやかな人

仕草や動作が大げさでなく、しなやかな人って対応する人を和ませますね。物を渡すときに両手を添えるなど、女性らしい動作に「キュン」とするみたいです。

物を投げて渡したり、扱いが雑な人っていますよね。自分の物ではないからと乱暴に扱っていないですか?男性はそういうこともしっかりと見ているのです。お茶を入れた際、デスクにドン!と置いてみたり、コピー機の扱いでガチャガチャと大きな音をたてていませんか?

そういう女性は「ガサツ」という印象しか与えません。キレイでスタイルが良くても印象は良くないでしょう。自分の物で無くても丁寧に扱いましょう。スマホのディスプレイがバキバキに割れていたり、イヤフォンのコードがちぎれかけていたりする人は直しておいたほうがいいかもしれませんよ!

自立している人

現在では女性も自立していることを求められています。女性同士でもそういう人は魅力的に捉えられていますが、男性の場合はニュアンスが少し違います。経済的・精神的に自立しているのは女性にとっての魅力的と似ていますが、男性にはその点をあまりアピールしないほうが懸命です。

男性の思う自立というと、「家事がちゃんと出来るのは当然」「自分にすべてをゆだねないで欲しい」「対等なんだからおごられることばかり考えないでほしい」という風な、意識が高いというよりは、自分に甘え過ぎない女性という事を考えるようです。ある意味、都合のいい考えとも言えますが、女性に母性を求めていると考えれば分かるような気もしますね。

スポンサーリンク

男性、女性からでは微妙に違う「魅力」

いかがでしょうか?男性と女性での微妙な違いを理解していただけましたか?女性はカッコいい女性、美しい、スタイルがいい女性というイメージですが、男性は優しさやおおらかさというような癒しを求める人が多いです。

女性の美しさを魅力のひとつと捉える男性ももちろん居ますが、それ以上に優しさや柔らかさに魅力を感じるようですね。

スポンサーリンク

魅力的な女性になるには…

上記でふれた様に女性・男性では「魅力」ということが微妙に違っている部分がありますね。ただ細かくいうと違っているように思えますが、結局は相手にとって「一緒にいて楽しい」「心地いい」「穏やかになれる」という事ではないでしょうか。

努力して変えることが出来るなら頑張ってみるものいいですし、自分の個性を生かすメイクやファッションを身につけるのも手段のひとつですね。ロングヘアーの女性がショートカットにしたらとたんに魅力度がアップして人気が出たという女優さんもいますし、男っぽい雰囲気の女性がロングヘアーにして女性らしさをアップしたら内面の女性らしさが理解してもらえるようになったりと外面から変えていく方法もあるでしょう。

ただ、そうなりたい!という思いだけが先走って、誰かの真似ばかりになると貴方の個性が無くなってしまいますし、「真似じゃないの?」と思われるだけです。

人から褒められたこと、いいね~と言ってもらえた事を思い出して、その状況を増やしていけるように努めていくといいのではないでしょうか?

自分勝手に振る舞うのではなく、複数でいる時は周囲に気を配り、心地いい場を作れる女性であれば「魅力的な女性」であると思います。自身のいいところを伸ばして、図々しくも卑屈にもならずに振る舞っていくことが魅力的な女性になる一歩かもしれません。

参考サイト:魅力的な女性って?男性が惹かれる”10の特徴”と魅力が増す”7つの秘訣”も大公開!

スポンサーリンク

まとめ

魅力的と言っても様々なことがあるのが分かったでしょうか?貴方は誰に対してそうなりたいですか?今、想いを寄せている男性がいるのなら男性向けに、同性の友人との付き合いを考えているのなら女性向けの「魅力」について考えてみましょう。ただもちろん全ての人にとっての「魅力的」であることが大切ですが、それにこだわりすぎると個性を失ってしまうかもしれません。

そしてご自分の欠点を隠してしまうことにこだわらず、おおらかでいることも必要かもしれませんね。それがご自身のチャームポイント(魅力)になるかもしれません。ただし、人に迷惑をかける欠点は直すようにしましょうね。