三角関係とは?解決方法や三角関係になりやすい人の特徴について!

なりたいわけじゃないのに、いつの間にか三角関係になることが多い…と悩んでいませんか?自分では気がついていないけれど三角関係「トライアングル・ラブ」の体質ってあるんですよ!
それってどういうことなの?そうならない為にはどうしたらいいのか?三角関係になったら…など、女子が悩みがちなことについてご紹介しましょう。 
スポンサーリンク

あなたは三角関係体質?

3人−2

 恋愛の三角関係ってよくあること?自分はそんなことは経験ない!いつもそんなことで悩んでいる…等々、恋の悩みって奥が深いですね。「男性1・女性2」というのと、「男性2・女性1」ってパターンがありますが、貴方はどちらでしょう?
前者の方だと、「好きになった人には彼女がいた…」「彼に好きな人が出来たけど、別れたくない」後者だと、「どちらかなんて選べない…」ってかんじでしょうか?

男性1・女性2のパターン

 一人の男性を奪い合う…って恋愛の醍醐味ですね。選ばれる立場になるために自分を磨いたり、彼にもっと好かれるように都合や趣味を合わせたりと男性にとっては究極の幸せかもしれません。
自分から彼・彼女の間に入って行くのなら多少の覚悟はあるのでしょう。いつか自分に振り向いてくれる…、私のほうが彼には相応しい…と思っているのでしょうか?きっと悩んだり、苦しんだりしている自分に酔っているかもしれませんね。 

男性2・女性1のパターン

 二人の男性から同時に好意をもたれる…って嬉しいですね。その男性が友人同士ならば尚さら、お姫様気分を味わえるかもしれません。映画「突然炎のごとく」でも描かれたように三角関係という至福の時間ですね。
 
しかし、いつかは答えを出さなくてはいけません。三人ともが傷つかない方法があればいいのですが…。 
スポンサーリンク

三角関係体質ってどういうタイプなの?

女性らしい

先ほどもお伝えしましたが、「人の彼が良く見えて奪いたい」「恋に翻弄される醍醐味がすき」という人、「飽きっぽくてついつい人の彼氏にちょっかいを出してしまう」という恋愛体質タイプや、または「かまってちゃんオーラ」を常に出している寂しがり屋、常に恋をしていたいタイプ、ちやほやしてほしい人もその種類に入るかもしれません。そういう人は自分から三角関係に飛び込んでいくタイプだといえるでしょう。
 
こういうタイプはある意味分かりやすいので、自分の友達がそういうタイプなら、極力彼には合わせないほうが賢明でしょう。それと、そういう友達には彼氏自慢も控えましょうね。
自分が嬉しい時はついつい、「こんなところに行ったんだぁ~」「こんなことをしてくれて嬉しい!」とついついおしゃべりしてしまいますが、その一言が誰かのターゲットになってしまうかもしれません!気をつけましょうね。
 
彼からそんな女性が周りにいるような話をきいたら、ハッキリとその女性は危険だと伝えましょう。残念ながら男性は女性の裏の顔というものを信じていませんので、計算して近寄ってくるなんて想像できないのです。そういう女性を悪く言うと逆に貴方の評価が下がってしまう可能性があるので、伝え方には気をつけましょう。 

自ら飛び込んでいくタイプの人!どうしてそうなるんだろう? 

「好きになった人に彼女がいた。二番目でもいい…」の人は自分に自信がない人ではないでしょうか?好きになった人が振り向いてくれた!それだけで満足してしまって、いわゆる二股でも仕方がない、いつか私だけを見てくれたら…なんて妄想を描いていませんか?
 
フリーの男性には興味がなくても「彼女がいる」というだけで、妙にその男性が気になったり、どんな彼女だろう…などと思ったりすることが増えて、気がつくとその男性にちょっかいを出したりしている人がいます。
 
女性に「好き」と言われて嫌だと思う男性は少ないですね。同僚や友達の友達など、全然、知らない仲でもない間柄なら「ちょっとお茶しただけ」「ちょっと相談に乗ってもらっただけ」ということから、親密になっていくこともあるでしょう。きっかけはホンの小さな事だったりします。
普段からこんな行動が多いかも…と思った人は要注意です。三角関係で苦しみたくないなら控えるように心がけましょう。 

気がつけば彼に女性の影がチラホラするというタイプ 

彼の愛情や優しさに甘えて、家族のような対応をしていませんか?してくれて当たり前!の態度をとっていませんか?ベタベタラブラブは好きじゃないと思っていても、男性は自分への愛情を感じることが出来なくなると、淋しく感じるそうです。そんな心の隙間に「ポッと」誰かが言い寄ってきたら…。
 
忙しさにかまけて、彼のことをほったらかしにしていたりしていませんか?彼の状況にもよりますが、会えなくても彼の話を意識して聞くように心がけましょう。彼が別の女性に気をとられてからでは遅いのですよ。 
スポンサーリンク

三角関係で悩んだ時、どうしたらいい? 

悲しい

悩んだ時、辛い時にやってみることをご紹介しましょう。

辛いけれど、一度離れてみる

今の自分と彼との関係は実際どうなのか?二人だけの関係に戻れるのか?など冷静に考えてみましょう。彼の気持ちがすでに貴方から離れている場合は辛いけれど、一度離れてみましょう。どっちつかずのままだと、彼は逆に楽かもしれません。離れてみて貴方の良さが分かって戻ってくれるかもしれません。
きっぱりと別れることで新しい出会いが訪れるかもしれません。恋愛のエネルギーを報われない恋にそそぐより、新しい彼に向けたほうが幸せへの一歩になると思いませんか? 

彼にその思いをぶつけて返事を待つ

彼との関係が自分では判断できない場合、彼にその思いをぶつけてみましょう。あくまでも批判するような言い方は控えて、辛い想いをわかってもらうつもりで話しましょう。その後の彼の態度で貴方への想いが分かるのではないでしょうか?
今後の交際を決めてもらうのであれば、期限を決めて返事を待ちましょう。意外と男性は女性が傷ついていることに鈍感かもしれません。
辛い結果になるかもしれませんが、長く苦しい時を過ごすより、次へのステップと考えてみましょう。 

まだ耐えれるなら、自分磨きを頑張ってみましょう。

 まだ、そんなに辛くない!というなら、彼ごのみの女性になるように努力してみましょう。女性の自分磨きというとネイルやエステ、資格取得等々ありますが、男性は実はそういうことは興味が無いようです。ただ、彼の仕事や学業に縁のある資格取得を頑張ってみるとか、彼の趣味に興味を持ってみるとか、今まであまり気にしていなかったのなら、効果はあるかもしれません。
そうなると、共通の会話、時間が増えることもあるので、彼が貴方を見直したりするかもしれませんね。 ただ彼の態度が特に変化がないようならば、清く踏ん切りをつける事も考えておきましょう。
スポンサーリンク

貴方がどちらかを選ばないといけない時は…

選ぶ

 二人の男性から答えを迫られた時、どうしますか?自分にとっては心地いい時間だと思って、ズルズルと関係を続けていませんか?男性も貴方の想いを独り占めしようと頑張っていたはずです。ただ男性は女性のようにいつまでも待ってはくれません。
ある日を境に急に態度が変わってしまう可能性もあります。その時に「しまった!」と思ってもその人の気持ちは戻りません。お姫様気分を味わうよりは1対1での大人の女性としての愛され方で幸せを感じませんか?
 
どちらも辛くて選べない…という気持ちなら、両方ともお別れするのも手段です。男性は納得してくれないでしょうが、素直に、気持ちを伝えて期限を決めて逢わないようにするなどと言ってみるのはどうでしょう?一人になって考えてみると答えがでてくるかもしれませんし、実は両方とも別れて正解だったのかもしれません。その環境が心地よかっただけ…という場合もあるそうです。
 
一人の人間として愛される・大切にされたいと願うのならば、貴方自身もフラフラせずに
一人の男性を愛しましょう。 

男性に話しをする時に気をつけること…

 男性は女性が思っている以上にプライドがあるものです。そのプライドをへし折るような言い方や態度には気をつけましょう。プレゼントをもらうだけもらって…とか、思わせぶりな態度をとっていたのに、最後は暴言を吐くなど、相手を傷つけることは逆上につながります。
最近はいろんな事件が多く報道されていますね。全てが女性が原因ではないですが、注意することに越したことはありません。そんな話をするときは時間や場所にも注意しましょう。 
スポンサーリンク

自分を大切にしましょう

 もし今、辛い恋で悩んだりしているのなら、コンプレックスやプライドは捨てて、ありのままの自分で冷静に考えて下さい。ただその恋に固執しているだけなのか?振られるのが恥ずかしいだけなのか?その恋に使った時間がもったいないからなのか?意外とそういう理由で別れられない人もいます。
 
三角関係になってしまって、自分ではどうしようもなくなってしまったら、新しい恋へのステップと考えて心を切り替えましょう。“二番目でいい”なんて自分を大切にしない人は誰からも大切にしてもらえなくなりますし、辛い恋が長く続くと心や人相までも変わってしまいます。 
スポンサーリンク

まとめ

 いかがでしたか?恋愛はとても難しいですね。人の心は揺れ動くものですし、「絶対」と言っても言葉は儚いものです。だから今はいろんなイベントで同じ時間を過ごせるように演出しているのかもしれません。
 
三角関係になってしまったら誰も傷つかないで終わることはないでしょう。覚悟の上!、仕方なかった…など、理由はあるかもしれませんが、自分で終わらせる勇気があれば、貴方の次の恋はきっと幸せになるのではないでしょうか?
スポンサーリンク

フォローする