自分磨きを男性がするには?外見と内面、両方を磨く方法!

tumblr_nej1kftREg1teue7jo1_1280

「自分磨き」という言葉を聞くと、なんとなく女性がするものであると考えられているように思います。

しかし、男性もより良い男になるための努力をしている人は皆、自分磨きをしているのです。女性が「外見も内面も素敵な女性になりたい!」と思うのと同じように、男性だって素敵な男性になりたいと思いますよね。

では具体的に、自分磨きをしている男性はどのようなことをしているのでしょうか。

スポンサーリンク

男の自分磨き(外見を磨く)

hairdresser-1179534_960_720

人は見た目じゃないとはよく言いますし、男性は女性よりかは外見を気にしなくても良いという風潮はありますよね。例えば社会的地位や、お金や、はたまた男気があったり性格が良いということであれば、見た目はさほど気にしなくても良いのかもしれません。

しかしながら、外見は人の印象に大きく影響を与えますし、良くて悪いことは何もありません。そしてなりより、あなたは自分磨きをしようとしているのですから、てっとり早く変化が見込める外見から磨いていきましょう。

髪型を変える

髪型を変えてみるのは一番手っ取り早く外見に変化をもたらす方法です。特に髪型にはこだわっていないということであれば、まずは美容院に行って美容師さんのおすすめの髪型にしてみてはどうでしょう。

今流行っている髪型にしてみるのも良いし、自分の顔の形や雰囲気に合った髪型にしてもらうとあか抜けて印象が変わります。

 ファッションを見直してみる

髪型と同じように、簡単に雰囲気を変えることができるのが身に付ける服です。

行き過ぎたおしゃれをする必要は全くありませんが、おしゃれだと言われている人や、好感度の高い人のファッションを参考にしてみたり、同年代の男性が読むようなファッション誌を読んで真似してみるのも良いでしょう。

筋トレをする

草食系男子が多いと言われている昨今ですが、筋トレをしている人はやはり男らしい人が多いように思います。細くても筋肉があるいわゆる細マッチョは女性からの人気が高いです。

筋トレをする人がそれをやめないのは、自分の体を鍛え上げていくことによって、その体にどんどん自信をつけていくからです。これぞ自分磨きの醍醐味のように私は思います。

運動をする

筋トレがあまり好きではないという人は運動をしましょう。運動をすることによって、頭の中がすっきりして、物事を肯定的にとらえられるようになります。

また、不健康な生活が続いている人は運動をすることによって、ダイエットやその他の健康にも良い影響を与えてくれるでしょう。

スポンサーリンク

男の自分磨き(内面を磨く)

cycling-862278_960_720

外見だけ磨いても、内面がそれに伴わなくては薄っぺらい人で終わってしまいます。あなたがかっこいいなと思う人を思い浮かべてみてください。有名人でもいいし、周りにいる人でもいいのですが、その人たちはどこがかっこいいですか?どうしてあなたは憧れに近い感情を抱くのでしょう?

それはやはり内面もイケメンだから、もしくは魅力的ななにかがあるからではないでしょうか。

自己分析

そういった理想像に近付けるようには、まず自分と向き合う必要があります。自分はどんな性格で、どんなところが良いところで、逆に自分のだめだと思うところはどこでしょう。そしてそれはどうしたら直すことができるでしょうか。もしくはどうすれば上手くつきあっていけるでしょう。

自分では自分のことがよくわからないという人も多いと思います。自分自身が一番わからないということもあり得ます。そんな人は信頼できる友人に聞いてみると良いかもしれません。他人の方があなた以上にあなたのことを知っているという場合もありますからね。

自分の軸を持つ

そうして自分のことを知っていく内に、これだけは譲れないということや、自分がどういう人間で、どうなっていきたいのかといったことが見えてくるのではないでしょうか。

そんなに大それたことではなくても、好きなことや嫌いなことがわかるだけでも違います。そしてそれらを受け入れた上で、それを軸にどのような人間になっていきたいのかを考えてみると良いかもしれません。

小さな目標を設定する

ただ日々を漫然と過ごすのではなく、達成したことに向けて毎日を積み重ねるつもりで生きてみましょう。

大きな目標ももちろん持っていて良いのですが、少し頑張れば達成できるような目標を少しずつ積み重ねていくことによって、自分の成長を実感することができて自分に自信が持てるようになります。

異なる価値観の人と触れ合う機会を持つ

自分とは全く異なる価値観を持つ人と交流してみましょう。会社員として所謂普通の毎日を過ごしていると思うなら、例えば外国人がよく集まるパブで自分とは異なる環境で育った人たちの考えを聞いてみるのはどうでしょう。

きっとなにか発見したり、興味を抱くことがでてくるはずです。そうすることで人としての魅力も一緒にアップしていることでしょう。

一度、全て自分の選んだものだと思ってみる

現状に不満を抱いていたり、自分が今いる環境に対してついつい愚痴を言っていませんか。そんな時は、一度全て自分のせいだと思ってみる。これはネガティブな意味あいで言っているのではありません。

例えば今いる環境に不満ばかりだとしても、最初に自分がそれを選んだということを思い出してみることです。するともともとは自分で決断をしているということに気が付きます。そして自分を責めるのではなく、後悔をしているのなら自分で今度は違う決断をすればいいと決めるのです。そうすることで、自分の人生の決定権は自分にあって、これからもそれは変わらない。ならば少しでも自分が納得できるようにひとつひとつの小さな決断をしていこうと思えてきませんか。

すると、自分の人生に対する態度が不思議と変わってくるのを感じられ、内面や行動の変化を感じることができるでしょう。

 自分以外の誰かのためになにかする

自分自身について知ったり、色々な見聞を深めたりすることによってあなた自身が変わっていくことを実感し始めたら、今度は自分で完結するところから一歩出て、他者や社会に対して何か働きかけてみましょう。

そんなだいそれたことをする必要はありません。例えば、マンションの共有スペースが汚れていたら自分の範囲以外に両隣の家の分も掃除してあげる。同僚がミスをして落ち込んでいたら飲みに誘って話を聞いてあげる。休日にボランティア活動をしてみるのもいいかもしれません。

そうしてちょっとした他人に対する働きかけをしてみるようになると、お礼を言われたときはもちろん、そうでない場合も自分の中に少し幸せな感情が芽生えてくるのを感じられると思います。ただ、これを自己満足というのか、幸せな感情と言うのかはその人次第かもしれません。もしかしたら偽善だと感じる人もいるかもしれませんが、他者に感謝することを強要したりしなければ、自分の自発的な行為で自分も、それを働きかけられただいたいの人も少し幸せになるのならとてもポジティブな行為だと思います。

人間は、結局他者や社会とのつながりの中で自分がしたことによって、社会的な幸福を得られるのです。

スポンサーリンク

社会的な自分磨き

businessman-1356063_960_720

決して差別的な意味ではなく、男性にとって仕事や働くこと、社会とは大きな意味を持つと思います。ですから、社会的に認められるということはそれだけで男性にとっては大きな自信になり、自己の肯定に成り得ます。そういった意味で、男の自分磨きには欠かせない要素ではないかと思います。

社会に対して何を提供できるか考える

自分は社会やこの世界のためにどんな価値を提供しているか考えたことはありますか。ただ与えられた仕事を漫然とこなすだけでは、そういったことに気付きにくいのですが、自分がどのように社会の役に立っているかが明確にわかると、やる気がわいてきます。そして間違いなくパフォーマンスが上がります。

自分が社会に対して提供しているものが明確になっても、やる気がわかないのであれば、転職を考えたり、副業として何か始めてみるのもいいかもしれません。要するに、自分のしていることに誇りや、やる気が持てることに時間を費やすことです。そうすることで毎日の仕事の充実度や取り組み方に良い変化が表れ、あなたをより魅力的にしてくれるでしょう。

仕事で関わる人と積極的にコミュニケーションを図る

仕事は仕事、プライベートとは違うんだから社内の人とは仕事をする上で困らない程度の人間関係でいい。そう思っている人も多いと思います。確かにそれは事実です。でももしあなたが男を磨きたいのであれば、仕事で関わる人ともう少しコミュニケーションを図ってみると良いでしょう。

思い浮かべてみてください。職場で信頼されている上司や、人気がある社員は皆、他者への心配りがありませんか?仕事ができるというのは尊敬される大きな要因ですが、それで性格が悪ければ信頼されたり人気者にはなりませんよね。

例えば直接関わりの無い人にも笑顔であいさつしたり、エレベーターのボタンを押してあげたりするだけでも良いのです。直接お世話になっている人には実家に帰ったついでに名物でも買って配れば会話をするチャンスができて、普段のお礼を一言言うことできます。それだけで好印象になりますし、いざという時に助けてくれる人が出てくるでしょう。

会社で人気があるということは、その人の実力プラス人間力であるということを忘れずに。

お金をより稼ぐ

お金を持っているからと言っていい男という訳ではありません。お金目当てで寄ってくる女性なんてこっちから願い下げだと思う人も多いでしょうし、高級車やブランドものをたくさん持っていれば良い男だなんてなんとなく時代とずれてますよね。

そうではなく、お金とは基本的に、最初にも書きましたが自分が社会に対して提供した価値の報酬として手に入れることができるものです。ということは、よりお金を稼ぐという行為は、今よりも多くの価値を社会に与えているということでもあるのです。

そして、お金があるということは、ある種の余裕を生み出します。貧乏が悪いといっている訳ではありませんが、貧乏でケチないい男ってあまりいないと思いませんか。

お金が全てではもちろんありませんが、少し自分とお金の関係を見直してみると良いかもしれません。

参考サイト:自分磨きの方法男性編5つ

スポンサーリンク

まとめ

男磨きを始めようかと思っている皆様、いかがでしたでしょうか。これらを全て実行に移せと言っているわけではありません。

もし共感する項目があればやってみてください。きっと自分のなんらかの変化を感じるとこができると思います。そして変わっていくことはとても楽しいです。ぜひ楽しみながらいい男になっていってください。